セラピストとしてお客様にいいものを提供しませんか?

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
勇気が要るかもしれないですが、セラピストとしてお客様に本当にいいモノを提供しませんか?と言う話です。

強もみをしているけどお客様に良いか疑問に思う…セラピストとしてお客様にいいものを提供するにはどうしたら良いかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

セラピストとしてお客様にいいものを提供しませんか?

先日、こんな嬉しいセラピストさんからの報告が届きました。

こんにちは。

バイト先の整骨院のお客様からうれしいお言葉をいただきました。

普段、週に何度も来られ、院長の強もみを受けておられる患者様に対応する機会がありました。

施術中、「強もみで。全然効いてません。」と何度も言われましたが、スキルアップ講座での事を思い出しながらその時は施術をしました。

本日、そのお客様が来られ、「この前は・・」と話だし、物足りなかったなどと言われるのかと思ったのですが、

「弱いかなって思ってたけど、何か良かったです。後が調子良くて。

強くないとダメと思っていたけど、良かった。これは伝えないとと思って」

というお言葉をいただきました。

万里さんに教えていただいた圧よりまだ強くなってしまっていたとは思いますが、お客様にとってはいつもより弱い圧。

それでもいつもと違うお身体の変化があったと言うお話を聞けた事がとても嬉しかったので、報告されていただきました。

Kさんより

>「弱いかなって思ってたけど、何か良かったです。後が調子良くて。

>強くないとダメと思っていたけど、良かった。これは伝えないとと思って」

これは、嬉しい!!上手くできたようですね^^

『強くなくてもほぐれる』ことを知ってもらえてよかったですね。

和もみ®は、ただの弱もみではありません。

強くするよりもほぐれるし、良い状態が長持ちしますよ。

■お客様の言いなりのセラピストになってない?

>施術中、「強もみで。全然効いてません。」と何度も言われましたが、スキルアップ講座での事を思い出しながらその時は施術をしました。

これは、かなり勇気がいったと思います。

でも、お客様の身体を傷つけたくない・・

強もみをエスカレートさせたくないですもんね。

こんな風に出来るセラピストさんが増えたら、お客様が「もっと強く」と言われることも減るでしょうし、

もっとセラピストの話しを、しっかりと聞いてくれると思うのです。

今はほとんど、言いなりだもんね・・

私がサロン勤めの頃、何年も通って来ているお客様の方が、身体がガチガチで、強もみでした。

まわりのセラピストは、「あのお客様って、はじめはあんなに強もみ希望じゃなかったのにね~」

と他人事のように話していましたが、私はすごく違和感でした。

『自分たちのせいじゃない?』

これじゃあ、お客様に失礼ことしているよね・・

こちらで強もみの悪影響について書きました↓
強もみが良くない5つの理由【私の実体験から】

■チェーン店の施術は、栄養ドリンク?

現在私のサロンには、10年以上通って来ているお客様がいます。

そのお客様の身体は、固くなっていません。

それどころか、施術を受けながら

「あ~そこ!硬いですよね」

「指入っていかないですね」

「あ!さっきより感覚出てきました」

と、自分で自分の身体のことが分かるようになっています。

そんな風に、お客様の身体に一緒に向き合い、より良い方へ導いていくのが和もみ®セラピストのやり方です。

翌日、半年、1年後、5年後・・

自分の施術を受け続けたお客様がどうなっているのか?

しっかり責任持てますか?

気軽にマッサージを受けられるチェーン店は、例えるなら『栄養ドリンク』のような役割なのかも。

「よし!午後も頑張るぞー!」って。

ちょっと無理してでも今は頑張らなきゃ!ってときにはいいのかもしれませんが、これを毎日していたら・・

いつか身体がおかしくなりますよね><

強もみばかりになっているお客様に、別の選択肢を提案できたらいいですよね。

勇気が要るかもしれませんが、セラピストとしてお客様に本当にいいモノを提供できるようになりませんか?

■和もみ®認定セラピスト講座の第二期スタート

今週は福岡で講座のため、先ほど博多に来ています。

福岡に来る前の二日間は、個別レッスンがありました。

お一人は、先月に和もみ®受けに来てくれて

「自分の身体がほぐれていくのを感じられた!自分もこれをお客様に提供できるようになりたい!」

とのことで学びに。

もう一人は、和もみ®セラピスト養成講座の受講生さん。

和もみ®認定セラピストを目指して、滋賀県から毎月通って来ています。

和もみ®認定セラピストは、施術やカウンセリングが出来るだけではなれません。

身に付けた技術と知識で、稼げるようになることです。

稼ぐと言うとガツガツのイメージになってしまうかもしれませんが・・

自分の技術と知識を必要な人に提供して、その対価としてお金をいただく。

これは、セラピストを長く続けていくためには欠かせません。

なので、養成講座では、施術やカウンセリングの技術、身体や健康に関する知識以外に

自分自身のあり方やお客様との向き合い方、独立してやっていくために必要なアレコレなんかもお伝えしています。

和もみ®セラピスト養成講座の2期は4月からスタートします♪

現在2名のセラピストさんが受講予定。

あと1~2名の枠がありますので、興味のある方はご連絡ください^^

▼和もみセラピスト養成講座について
https://aromare.jp/school-35/

関連記事

  1. 本当に変わるんだ・・

  2. どれぐらいやったらほぐれるの?ほぐす方法は?

  3. サロン勤めだからできるセラピストの独立の準備

  4. セラピストが不安にならない手技の学び方

  5. 施術中の爆睡について

  6. 【提案します!】力加減の聞き方で強さを聞くのは止めませんか?…