施術における力加減の合わせ方について

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
施術における力加減の合わせ方についてです。

施術でお客様に合わせる力加減がわからない…どのように力加減を合わせたら良いのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

施術における力加減は施術者で合わせて良いの?

先日、個人サロンでロミロミを受けたときに、力加減のことでちょっと違和感を感じることがありました。

力加減はいかがですか?と聞かれたので、「どれくらいがいいのですか?」と聞いてみまたのです。

そしたら、「今ぐらいが標準です」との返事。

・・ん?

以前には、こんなことがありました。

もみほぐしのセラピストさんが私の施術を受けてくださったとき、こんな質問を受けました。

「今の圧は、万里さんの中で、レベルどれくらいですか?」

・・んん??

言いたいこと聞きたいことは理解できるけど・・すごく違和感を感じました。

どちらも、力加減を調整する物差しが、施術者の目線。

チカラの強い弱いで調整しているのですね。

和もみ®の場合は、身体の状態や感覚に合わせて調整をしています。

そこが、和もみ®が他の施術と大きく違うところ。

■和もみ®の力加減は強くないけど弱くもないよ

最近、和もみを取り入れてくれているセラピストさんから、こんな嬉しい報告が届いています♪

「はじめ物足りない感じがする」と言っていたお客様でも、
施術が終わったときに、「気持ち良かった~」「身体が楽!軽い!」と言っていただけた。

こんなに柔らかい押し方なのにほぐれるのが、不思議そうですがお客様の反応がいいです。

今まで色々マッサージに行かれていたお客様からは、「もう今までの押し方には戻れない」と、違いを分かってもらえた!

「強もみしない」と言うと、弱いのを想像すると思いますが、意外と圧はしっかり入るし、奥の方の筋肉にもアプローチが可能です。

チカラでギュっと押さないので、余計な緊張を招くこともなく、固くなったコリやハリをほぐすことができます。

もちろん、筋肉や毛細血管へのダメージもないので、施術後のだるさも出ません。

和もみの講座では、お客様の身体に合わせるための練習をしていきます。

施術における力加減も、自分の物差しではなく、お客様の身体のポイントごとの状態に合わせて調整するのもですからね。

今までとやり方も考え方も変えていくので、なかなかはじめは戸惑うようですが、

■力加減の具体的イメージ

しかし、その体感よりも、実際に手技をやってみると、思っていた以上に力を使わないことに皆さん驚きますね^^

和もみの圧の入れ方は特徴的で、ただ優しいのではなく、やわらかい圧なのです。

強い/弱い、ではないんですね。

力加減について、もう少しイメージ出来るように違う言い方をすると

  • 押すじゃなくて→入れるだよ!
  • 力じゃなくて→重みを乗せるんだよ!
  • つぶすじゃなくて→ふっくらさせるんだよ!

YouTube動画スキルアップ講座のワンシーンでも、私が話しているのが見れると思います。

↓YouTubeの最新アップ情報はこちら↓
https://aromare.jp/news/

和もみの基礎講座(動画)の中でも、詳しく伝えていますので、学びたい方はそちらをどうぞ。

↓基礎動画の詳細はこちら↓
https://aromare.jp/course/seminar3-1/

基礎を学んで土台をつくり、スキルアップ講座や個別レッスンで、お客様の身体に合わせたアレンジができるように練習しましょうね♪

■独立して16年目になりました♪

12月は、「今年の疲れは今年のうちに~」と言う方が多く、今週は超常連さまが立て続けにいらしてくれました。

2009年から来てくださっていて、177回目のお客様。
2010年から来てくださっていて、213回目のお客様。

2012年から来てくださっていて、183回目のお客様。
2013年から来てくださっていて、230回目のお客様。

ありがたく幸せなことです^^

それぞれのお客様と出会った頃を振り返ってもみても、こんなに長くお付き合いが続くとは、思ってもみませんでした。

更には独立して、自分がこんなに長く続けていけるとも、思っていませんでした。

ずっと来てくださるお客様がいる限り、辞めるわけにはいかない!常にいいモノを提供しないと!そのためには、自分も成長し続けないと・・

そんな思いで、ここまで続けて来れました!

お客様やまわりのみなさんに助けていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

実は・・今月で独立して16年目に入りました^^

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. セラピストとしてアドバイスをするときに気を付けていること

  2. 施術の感覚がわかる方法【ズレは自分?お客様?】

  3. セラピストの失敗【気づかずにやっている…もったいないこと】

  4. 【提案】セラピストさん!逆から考えてみませんか?

  5. セラピスト研修だけでは足りない!手技の見直しと大切なこと

  6. 【セラピストの質問】強もみせずに、あれくらいの圧で効くんです…