YouTube動画では、伝えられないこと

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

施術が上手くなりたい!指名を増やしたい!セラピストを長く続けたい!

そんなセラピストさんのために、役立つ情報を発信しています。

ブログは10年以上、メルマガは5年以上になります。

そして、YouTubeに動画をアップするようになってからは、1年が経ちました。

動画の撮影と編集は、夫が担当。

全くの素人からはじめて、編集技術もだんだんとレベルアップしています。

2日に1本は、動画を投稿していますので、チェックしてくださいね^^

・和もみチャンネル

そのYouTubeには、こんな嬉しいコメントをいただいています。

「真似させていただいた結果、いつもの強い指圧よりもゆるゆるになりほぐれていました!ありがとうございました♪」

「はじめまして!私も腰や指が痛かったりしていましたが、この動画を見てすごく勉強になりました。ありがとう御座います!」

「和もみさんの手技を参考に取り入れるようになって、お客様から「とろけた」と言う言葉をいただけることが増えてきました。ありがとうございます^^」

動画だけで、こんな風に変わるなんてすごい!

何よりも、「やってみよう!」と言う行動力が素晴らしいです!!

見てくださる方がいるおかげで、徐々に増えています。

チャンネル登録者は、2500人を超えました。

ですが、「強もみ=上手い」の世の中の価値観を変えていくには、もっともっと増えないと・・

年内に1万人を超したいので、よかったらチャンネル登録をよろしくお願いします。

そして、セラピスト仲間にも「こんな動画あるよ!見てみたら?」って、広めていただけたら嬉しいです^^

そんな動画ですが、どうしても伝えられないことがあります。

それは、「感触」や「感覚」です。

動画を見て、こんな声もいただきます。

「そんな体勢で圧入っているんですか?どうやっているのか不思議です!」

私が、どんな感触で施術をしているのか?

受けている人が、どんな感覚なのか?

「感触」や「感覚」までは、動画を見るだけでは分かりませんよね。

機械のボタンを押すかのように、ここを押したらここに効くよ!最近では、そんな施術者が多いようです。

そういう考え方に、私はとても違和感があります。

身体って、そういうものじゃないんです!

身体が良くなっていくには、もっと違った視点のアプローチが必要なのです。

動画で見るだけじゃなくて、「感触」や「感覚」を体感しに来ませんか?

私が、どんな感触で施術をしているのか?

受けている人が、どんな感覚なのか?

これが分かっていないと、本当の意味でお客様を癒す施術はできません。

それを実感するために、個別レッスンでは、こんな不思議な体験をしていただいています。

『見た目の動作は一緒なのに、圧が入る深さが変わる』

やる方の「感触」、受ける方の「感覚」どちらも、体験していただきます。

ほとんどの方が「えっ!?どういうこと?」と固まりますね^^

そして、「今までやっていたのはなんだったの~?」と笑う方も多いです^^

「感触」や「感覚」を知ると、今までの施術が、劇的に変わりますよ

やる方も、受ける方も、楽に気持ち良くほぐれていく。

本当の意味で癒されていくのです。

今ある手技を見直して、お客様にもっと喜んでもらえるセラピストに、あなたもなれますよ。

セラピストを長く続けていきたい!そんなあなたを応援しています^^

【最後にお知らせです♪】

・個別レッスン、ワクが少しできましたので受け付けます。

5回連続もいいし、まずは目の前の悩みを解決したいなら、単発もいいですよ。

https://aromare.jp/minaoshi

・3月11日に大阪で、新米セラピストさん向けの和もみ講座を開催します!

指が痛い、腰がつらい・・

頑張って押しているのに「もっと強く」と言われてしまう・・ そんなセラピストさんへ

講座で学んだ翌日から、指や身体の痛みなく、お客様に喜ばれる施術ができるようになりますよ。

基本は東京なので、大阪での講座は、ぜひ活用してくださいね^^

・和もみメンバー限定のスキルアップ講座は、3月に開催します!

日程とテーマについては、こちらをご覧ください。

https://aromare.jp/sejutsugaumai

関連記事

  1. あいまい手技は、お客様にバレてますよ!

  2. セラピストさんに、もう「指が痛い」なんて言わせない!

  3. 強もみしないって、物足りなくないの? 

  4. 和もみ理論の学び方!5回連続の個別レッスンの受け方について

  5. オイルマッサージの場合は?和もみ®ではどのようにするの?

  6. 私だけの特殊能力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。