身体を触るセラピストが知らないというのは恐いこと

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
私のセラピストさんへのお勧め本を紹介します♪

セラピスト仕事をする上で、読んだ方が良い本とかありますか?どんな考えの本なんだろう…

このような疑問をお持ちのセラピストさんへ。

身体を触るセラピストが知らないというのは恐いこと

先日、講座に来てくれたセラピストさんがこんなメッセージをくれました。

万里さんのおすすめの本も読み始めています。

内海聡先生の本を読み、知らないということは恐いことだ。

自分で知識を深め、自分で考え決めることはとても大事なことだと改めて思います。

また、東城百合子先生の本から、人間の体の凄さを知ることができています。

ありがとうございます。

Kさんより

セラピストKさん、早速読んでみたのですね^^

>知らないということは恐いことだ。

>自分で知識を深め、自分で考え決めることはとても大事なことだと改めて思います。

私も内海先生からそのことを学びました。

だから、和もみ®の講座でも、一つの正解を教えるのではなく、自分で考えて選択できる力を付けること目指しているのです。

人の身体って、本当にすごいのです!

内海聡先生、東城百合子先生の本は、こちらで紹介しています。

【お勧め本を紹介♪】
https://aromare.jp/osusumebook1/

よかったら参考にしてみてください。

「腰が痛い人は、どこを施術したらいいですか?」

と聞かれることがよくありますが、施術でできることは限られます。

コリや不調は、身体からの『お知らせ』であり、良くなるためのものだからです。

決して、嫌がらせをしているワケではありません。

どう施術をするかよりも、どうやったらその『お知らせ』が不要になるかを考えることが大切。

セラピストは施術の技術も大切ですが、身体のことをもっと勉強しましょう!

知識をつけて、まずは自分の状態を良くしましょう!

頭痛や生理痛、便秘、花粉症などがある人は、セラピスト自身の身体と向き合うことから始めてみるといいですよ。

お客様を癒し健康に導くセラピストが、不調だらけで薬で誤魔化しているようじゃダメですよね・・

セラピスト講座の中では、施術の指導だけでなく、身体の仕組み、良くなるために必要なこと、施術でほぐれる仕組みなどもお話ししています。

セラピストという仕事をする上で、知っておきたい知識ですよね。

セラピストさんの要望から動画講座作成中です

「とにかく、今ある手技を見直ししましょう!」

と、今までは新しい手技を教えることは、ほとんどしてきませんでした。

自分の施術に自信が持てない、お客様に満足してもらえない・・

その原因は、基本を分かっていないから。

学んだ講座や手技が悪いワケではありません。

身体のことが分かってないのに、ほぐれる仕組みが分かってないのに、新しい手技を増やしても同じこと。

だから、まずは今やっている手技を見直ししましょう!

そんな考えで数年やってきました。

ここにきて、和もみが少しずつ出来るようになったセラピストさんから、こんな声をいただくようになりました。

研修で教えてもらった、ほぐしの手技は見直してもらって、和もみの感じも掴んできました。

将来独立も考えているので、オイルマッサージもできるようなりたいのですが、

万里さんに、一から教えてもらうことはできないですか?

今までは、他にたくさんマッサージスクールがあるから、どこかで学んで来たらいいよ~

そう思っていたのですが、よく考えたら遠回りですよね。

増してや、そこで手や身体を壊してしまっては大変><

でも、手技の手順から教えていたら時間がいくらあっても足りない・・

と言うことで、オイルマッサージの手技を、一から学んべる動画を作ることにしました。

現在制作中です。もう少しお待ちくださいね。

関連記事

  1. セラピストは不安や落ち込みをエネルギーに!

  2. 施術中の爆睡について

  3. 施術ベッドの選び方♪安いベッドに注意!

  4. 合わないお客様は切り捨て?【セラピストを長く続けるコツ】

  5. 強もみできなくても大丈夫!【満足してもらうコツ】

  6. お客様との会話が苦手なセラピストさんへ♪おすすめの練習方法