セラピストさん!手首や指の痛み、早くどうにかしませんか?

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
セラピストさん!その手首や指の痛み、早くどうにかしませんか?と言う話。

施術をすると手首や親指が痛い…痛くならないようにはできないのだろうか?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

アイシングをして、その冷たさに耐えるなんて必要ないですよ!

セラピストさんへ♪手首や指の痛み、どうにかしませんか?

先日、セラピストさんからこんな嬉しい報告をいただきました。

動画を見てやってみたら、指の痛みと手首の痛みがほとんどなくなりました!

セラピスト1年目で、手の痛みに悩んでいたとのこと。

手や身体がつらいと、気持ちにも余裕がなくなりますよね・・

施術の練習をしたくても、痛かったらつらいですよね><

基礎講座の動画でも、セラピストの身体に負担のない、手や身体の使い方を学ぶことができますよ。

例えば、

  1. 指の当て方
  2. 手の形
  3. 姿勢と動き

どうやって指を当てたら、どんな手の形をしたら、手首や指が痛くならないのか。

どんな姿勢で、どう動いたら、身体が疲れにくいのか。

さらに、圧の入れ方やほぐし方も解説しています。

どうやったら、筋肉をキズ付けずに気持ちいい圧が入るのか?

どうしたら、強もみしないでコリがほぐれるのか?

仕組みが分かると、全く身体の負担が減りとても楽ですよ。

■手首や指が痛いなら、これは今すぐ辞めた方がいい

  • 肘をピンとのばさない
  • 足を踏ん張らない
  • ベッドに乗らない

この3つは、身体に負担が大きいので、今すぐ辞めた方がいいです。

新しい手技を覚えなくても、ちょっと変えるだけでも、施術をするときのセラピストの手首や指、身体の負担はかなり減らせます。

手首や指が痛いセラピストさん、この三つをやめることから始めてみませんか?

お客様に喜んでいただくためにも、長くセラピストを続けていくためにも、

和もみを全て習得しなくてもいいので、この基礎だけでも早く知ってほしい!

ただ・・

動画では、どうしても伝えられないことがあります。

それは・・感覚。

受けてみたり、やってみたり、自分の身体で体感することまではできません。

個別レッスンは、随時受け付けています。

リアルで和もみの基礎を学びたい方は、こちらでお待ちしております♪

■名古屋セラピスト講座を終えて

火曜から名古屋に行ってきました。

初日は、和もみ基礎講座。

二日目と三日目は、スキルアップ講座でした。

また、新しい方との出会いもあって、とても嬉しいかった^^

出張講座には、毎回夫と一緒に来ています。

事前の出張の手配や現場の対応(場所が分からない、遅れるなど)、私が講座に集中できるようにサポートしてもらっています。

私一人だったら出張講座は、こんなにも行けてないです。

重たい荷物を持って、知らない土地を歩くのって、けっこう体力消耗するし・・

そしてもう一つ大きな理由としては、講座の内容をチェックしてもらうためです。

客観的な視点で見てもらうと、自分では気づかない改善点を教えてもらうことができます。

和もみの講座をはじめて、5年以上になりますが、毎回ブラッシュアップしてお届けしています。

せっかく来てくださるセラピストさんのために、私たちができることを精一杯やっていきたいと思っています!

関連記事

  1. なんでお客様と長くお付き合いできるのか?

  2. セラピストが教えてもらえないこと

  3. セラピストの感覚を磨く練習♪1センチ先を意識

  4. 圧の入れ方のコツ♪「今までより良い」と言われた!

  5. 実は、気づいてるんでしょ?施術で指が痛くなるは良くないって

  6. セラピストとして不向きかも・・と落ち込んだときは