雇われセラピスト時代は相談できなく、できない自分がイヤでした

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。 

先週は、オンライン相談室に、2名のセラピストさんがお越しくださいました。

そして、いろいろな相談を受けました。

本日は、その時の相談内容と、それにお答えしてセラピストさんから感想を頂きましたので、そちらを紹介します。

私も同じでしたが、お勤めセラピストさんは悩みが尽きませんね。

セラピストさんから相談を受けました

セラピストさんからの質問は、こんな感じでした。

「ベッドの高さは、どれくらいがいいのですか?」

「万里さんは、肘は伸ばさない方が良いと動画で言っていましたが、曲げてやるということですか?」

「ガチガチの人や、張りがすごい人は、どうやってほぐしたらいいですか?」

「和もみをイメージしてやってみたのですが、もっと強くと言われてしまいました・・」

「和もみだと、一回の施術でどれくらいほぐせるのですか?」

「通うペースは、どれぐらいがいいのですか?」

私はオンライン相談は不慣れですが、意外とオンラインでもお答えできるものだな~と感じています。

ただ、体感してもらえないのが、もどかしいですが・・

家にいながらお話しができるなんて便利ですね!

動けない今だからこそ、立ち止まって振り返る機会にしていきましょう。

普段なら目の前のことに追われて、やり過ごしてしまうこと

疑問に感じているけど、何となくやっていること

それらをクリアにしておきませんか?

セラピストオンライン相談室についてはこちらをご覧ください↓

■相談に来たセラピストさんの感想

早速、オンライン相談に来たセラピストさんから感想をいただきました。

万里さん

本日はありがとうございました^ ^

仕事を始めてから疑問が沢山出てきて

聞ける方が周りにいなかった為この機会がとても嬉しかったです!

一つの質問に対しても色んなことを教えてくださり凄く濃い時間になりました。

疑問が少し解けたのでアウトプットしてみます^ ^

やわもみを知ったら凄く楽しそうだな~!と思いました。

また機会がありましたら宜しくお願いします。

(Kさんより)

Kさん、少しでも疑問が解決されたようで、よかったです^^

理論が分かれば、何をしたらいいのかが分かりますよね。

あなたもよかったら活用してくださいね。

相談できなかったお勤めセラピスト時代

さて今日は、私の話を少し。

私も、セラピストとして今のようになるには色々とありました。

この仕事をはじめて、しばらく経ったある日、

「私、このままでいいのかな・・?」

ふと、空っぽな自分に気づき、目の前が真っ暗になったことがあります。

「お客様は、本当に気持ちいいと思ってくれているのだろうか?」

「お客様は喜ぶけど、こんな強もみ、いつまで続けていけるんだろう・・」

「手順通りにはできるけど、お客様に合わせるためにはどうしたらいいのかな・・」

指は相変わらずジンジン痛いし、忙しい日はもうぐったり

緊張してお客様とも上手く話せないし、指名はなかなか増えない…

先輩に相談して「やっていれば、上手くなるよ」って言うけど、なかなか思うようにできない自分が、本当にイヤでした。

「万里さんだからできるんでしょ?」

今となっては、そう言われることもあります。

ですが、どちらかと言えば出来ない方でした。

自信もなかったので、その自分と向き合うのも怖くて、言い訳ばかりして、逃げていた時期もあります。

セラピストとして、本当に苦しい時期でした。

■本来のセラピストを目指すことを決める

でも、強もみの危険性を知ったことで、私は変わりました!

自分が関わったお客様を不健康にしてしまうことだけはできない。

今までのやり方では、ダメだ!

セラピストとして、施術をするときの考え方を根本から変えなくては!

そうして、できたのが「和もみ®理論」です。

「指が痛い」「圧が入らない」「指名が増えない」など、セラピストさんの相談お悩みにお答えします。

初めましての方も、お久しぶりの方も、どなたでも大歓迎です^^

先の見えない状況ですが、頑張って乗り切りましょうね。

■セラピストオンライン相談室の簡単な詳細

  • 1回、30~40分
  • 私と一対一で話せます(なんでも相談下さい)
  • Zoomを使います

詳しくはこちらから↓

関連記事

  1. とにかく行動してみることにしました!

  2. 強もみしない施術の効果は、どれくらいもつ?

  3. 意識を1センチ変えるだけで!?

  4. セラピストスクールの感想「次の日、和もみでいけた!!」

  5. 現役セラピストさんから嬉しいメッセージを頂きました♪

  6. セラピストさんの悩み「施術で筋肉を痛めてしまっているかも…」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。