施術でお客様の筋肉を痛めてしまっているかも・・

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

手や身体の使い方を見直すことで、今の施術が、もっと楽に、もっと喜ばれる施術に変わりますよ。

和もみの考え方が気になっている方は、ぜひ!学びに来てくださいね^^

さて先日、こんな質問が届きました。

こんな疑問や不安の中、仕事をしているセラピストさんって多いんじゃないかな?

===

はじめまして

セラピストを始めて半年になります

強揉みを希望するお客様に、強揉みをしなくても満足していただけるのでしょうか?

肘で思っいっきりやって!と、言われる事もあるので、やっているのですが…

筋肉を痛めさせてしまっているのでしょうか?

===

ご質問ありがとうございます。

セラピストになって半年とのこと、色々と疑問が出てくるときですね。

まず、1つ目の質問。

>強揉みを希望するお客様に、強揉みをしなくても満足していただけるのでしょうか?

はい。可能です^^

実際に、和もみを学んだ方は「もっと強く」と言われることが減っています。

全く言われなくなった。というセラピストさんもいますよ。

2つ目の質問。

>肘で思っいっきりやって!と、言われる事もあるので、やっているのですが…

>筋肉を痛めさせてしまっているのでしょうか?

実際に筋肉を痛めているのかどうかは、見ていないので何とも言えません。

ですが、筋肉を傷めているのかそうでないのかは、

施術をしているセラピストが、分からないといけませんよね?

どれくらい力を入れたら、筋肉が傷つくのか?

もし、分からないで施術をしているとしたら、おそらくお客様の身体を傷つけています。

この加減を知らずに施術をしているって、考えたら恐ろしいことですよね。

お客様が求めるからと強くして、気づかずにお客様の身体を壊しているとしたら・・

どうにかしませんか?

現場では、「肘で思いっきりやって!」と言われたり

(私も、あり得ない強もみを要求されたことがあります)

先輩からは、「強もみができないと指名取れないよ!」と言われたり

(私も、親指を冷やしながら施術をしていたことがあります)

そんな中で、セラピストをやっていくには、自分のスタンスを決める必要があります。

『私は、こんなセラピストになりたいの!!』

あなたの理想をを大事にしてください。

強もみの要望に、ただ応えていくセラピストになりたい?

強もみ中毒から、抜け出させてあげるセラピストになりたい?

施術をする方もされる方も癒される、セラピストになりたい?

あなたは、どんなスタンスでセラピストをしていきたいですか?

和もみの考えに共感してくださるなら、ぜひ!会いに来てくださいね^^

【セラピストの技術見直し・個別レッスン】

※7月8月スタート受付中♪

https://aromare.jp/minaoshi

一緒に、理想を目指して頑張りましょう♪

—————

セラピストを一生の仕事にしたい!

和もみは、そんなあなたを応援しています!

●個別レッスンで、和もみ®理論を学びませんか?

※7月8月スタート受付中♪

https://aromare.jp/minaoshi

※個別レッスンとサロンの予約は、随時受付しています

こちらの予約状況から、希望の日時をご連絡ください

予約状況・予約ページ

●オンライン相談室

あなたの疑問にお答えします♪ 

https://aromare.jp/onlinesoudan

●動画YouTubeにアップしています

https://bit.ly/2MZ9BFy

●無料で学べるメール講座、メルマガ配信中

強もみしないでセラピストを長く続ける秘訣を公開!

https://aromare.jp/tsuyomomishinai

関連記事

  1. 強いマッサージで辛い思いをしてませんか?

  2. 指が入らないほどガチガチの肩こりでも、力でもんではいけません…

  3. 強もみのお客様へ、強くする以外のアプローチ方法

  4. マッサージ効果が持続する理由

  5. アンケート、100人超えました!!

  6. 強く揉まれる気持ちよさとは違う、身体が喜ぶマッサージ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。