強押しして腕が上がらない…そんな教えは無視しましょ

こんにちは^^和もみ®︎セラピストの万里です。

強押しをし過ぎて腕が痛くて上がらなくなっちゃった、、セラピストに向いてないかも…

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

強押しして腕が上がらない…そんな教えは無視ね

先日届いたこのメッセージを読んで、怒りが湧いてきました。

「ちょっと、どんな教え方しているの!?」

セラピストになってまだ1ヶ月ですが、お客様やトレーナーの先生方から、

いつも圧が足りない、力が弱いと注意され焦って、ますます力が入り指押しになってしまい自分の腕が激痛で上がらなくなりました。

セラピストには向いていないのでは無いかと考え始めていた所です。

Kさんより

現場の先輩が教えているのならまだしも、トレーナーの先生がいるのにどうして??

「いつも圧が足りない、力が弱いと注意され・・・」

「自分の腕が激痛で上がらなくなりました」

こんな状態になるのはおかしいですよね。

強押しだけを教えるようであれば、確実に身体は壊れます。

セラピストに向いてないという訳ではないので、そんな先輩やトレーナーの教えは無視しましょう(笑)

■セラピスト先輩からの教えは注意

現場の先輩から教えられる場合には、ちょっと注意が必要です。

というのも、

『自分が教えてもらったこと+自分が出来ていること』

これしか教えられないからです。

名選手が名監督になれないのと同じように、施術が上手い人が、教えるのが上手いとは限りません。

しかし、トレーナーの先生なら、指導の方法を学んでいるはずですよね?

セラピストが身体を壊すような指導で、すぐに辞めてしまったらお店としてもかなりの損失ですよね?

そのような教えしかできないのは学ばない方がいいです。(きっぱり)

だって、セラピストを使い捨てだと思っている経営者もいるのでね(実際にいます)。

強押しできても、セラピストとして上手いと言えません。

だって、強押しは機械の方が上手ですもん。

「強押しできて一人前」とかいう教えは注意して下さいね。身体を壊すだけです。

■セラピストを大切にしなきゃ

私は、お店経営において一番大切にしなくてはいけないのは、セラピストだと思います。

常に、セラピストを求人して、指導して、落ち着かない状況。

そうなると、なかなか固定客もつかなそうですよね?

常連様ができなければ、常に新規集客に経費がかかりますね?

セラピストを大切にしたら、もっと経営がうまくいくのにな。。

と強押しばかりを教えて、セラピストさんの身体を壊してばかりいるお店を見ると、いつも思います。

セラピストがスグに辞めちゃうということは、技術指導ができてないということです。

そんなお店には、私が技術指導に行きたいな^^

■強押し現場とのギャップ

以前、

アロマの協会の人と話したときに、こんな風に言われました。

「指が痛いなら、そんなに無理しなければいいんじゃないの?」

「強くしたら身体に良くないんだから、強押ししなければいいんじゃない?」

それが出来たら、どんなにいいか・・

そんなことをしたら、お客様からどんなひどいことを言われるか・・

お勤めのセラピストさんのほとんどが、この現実の中もがいているのではないでしょうか?

私は、セラピストに向いてない人はいないと思っています。

この仕事は、「やりたい」気持ちの方が大事です。

気持ちを持っている人は、もっと楽しく、もっとお客様に喜んでもらえるようになれますよ。

Kさんのように、間違った強押し指導で、指や腕が痛かったセラピストさんも、今では身体も痛くならずに指名のお客様を増やしています。

セラピストの仕事が好きなら、強押しできなくて諦める前に会いに来てほしいな・・

■おわりに:セラピストの理想実現

お客様もセラピストも一緒に癒されていくのが和もみ®です。

私がお伝えしているのは、セラピストの理想とリラクゼーション業界の現実との「橋渡し」です。

理想を諦めずに、お勤めサロンで経験を積んで、サロン開業の夢を叶えましょう!

長くセラピストを続けたいなら、私がお手伝いしますよ^^

毎日届くメール、とても嬉しいです!ありがとうございます!

全てにはお返事が出来ていませんが、ちゃんと読んでいます。

セラピストさんに役立つことをお届けしていきたいので、感想や現状などメールくださいね^^

独立サポートも始めています♪

関連記事

  1. 強く揉まれる気持ちよさとは違う、身体が喜ぶマッサージ

  2. 強押しは、ほぐれないしセラピストは指が痛い…良いことなしのダ…

  3. 強もみのお客様の心理と対策について

  4. 強もみの悪影響…強押しを受けたら寒気が!?

  5. 強もみのお客様へ、強くする以外のアプローチ方法

  6. 強もみを辞めるとセラピストの体調不良が改善する!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。