コリがほぐれるイメージを変えたら、施術効果がアップした!

和もみ®セラピストの万里です。

最近、精神面の話題が多かったので、今日は、手技の話をしたいと思います。

力加減を変えると効果はアップするの?その時のコツはありますか?

そういったセラピストさんへ。

●施術効果がアップする力加減を間違えてませんか?

先日夫が、足が筋肉痛だと言うので、動画を撮影しながら施術をしてあげました。

はじめに痛みがあるところを確認して、関連のある筋肉も含めて施術をしました。

手技としては、押圧したり、揺らしたり、さすったり。

難しいことは一切していません。

ただ気を付けたのは、力加減です。

痛がっていたところも、途中から痛みが楽になっていったようで喜んでいました。

その様子も動画に撮っています^^

年内にはアップされるかと思いますので、お楽しみに♪

その力加減なのですが、

あなたは、こんな風に思って施術をしていませんか?

  1. 強い方が効く!強く出来ることか上手いことだ!と思っている
  2. 「痛い=効いている」を目安にしている
  3. 「固いコリが柔らかくなる=ほぐれた」と判断している
  4. ガチガチで指が入らない場合は、肘を使わないとほぐれないと思っている
  5. 身体が固い、むくんでいるのは、「良くないことだ!」と思っている
  6. 柔らかくなればなるほど、身体の調子はよくなっていくと思っている

私もエステやリラクゼーションサロンに勤めていたときは、こう教えられました。

が、これが間違いなのです!

コリがほぐれるためにには、不調が良くなるために必要なのは、

「ああ~気持ちいい~」

と、息が吐けるくらいの気持ち良さなのです。

コリがほぐれるイメージから変えていくと、力加減に迷うことなくなります。

●コリがほぐれるイメージを変えると

先日、セラピストさんからこんな報告いただきました。

本日リンパコースのお客様
お若い方ですが膝裏に違和感があるらしく、
昨日練習したイメージで施術しましたところ、
アフターお茶の際に「痛くなーい」とのこと!

このセラピストさんは、他のスクールでリンパマッサージを習ってきた方です。

せっかく習った手技なので、それを更に効果的にしたい!

和もみの考えを取り入れたいとのことでした。

施術後のお客様からの声、嬉しいですね^^

今回このセラピストさんに伝えたことは、施術のイメージを明確にすることでした。

(身体の仕組みやコリがほぐれる仕組みを理解した上で)

どんなイメージを持って、どこにアプローチするのか、一つ一つ見直していきました。

そしたら、施術の効果がアップしたのですね。

和もみの個別レッスンでは、

こんな風に、コリがほぐれる仕組みを理解してイメージを変えて、自分がやっている手技の一つ一つのイメージを明確にしていきます。

あなたも、お客様から「気持ちよかった~!楽になりました!」そう言ってもらえることが増えますよ。

●おわりに

先日は、上級者向けの練習会。

その前日は、独立して長く続けていくための勉強会を開催しました。

独立したい!と考えたとき

「自分の好きなようにできる!」ワクワク楽しみなことと
「大丈夫かな?できなかったらどうしよう・・」ドキドキ不安なことが、

同時に頭に浮かんでくると思います。

はっきり言います。

独立すると言うのは、そういうものです^^

勉強会では、そんなときに、どう気持ちの整理をしたらいいのかをお伝えしました。

和もみの考えが好きで、いつか独立したい方は、会いに来てね♪

関連記事

  1. 和もみ®セルフケア講座に参加セラピストさんの感想

  2. 【セラピスト講座の感想】出来てるつもりが、出来ていないかった…

  3. セラピスト講座で学び「今までの人より良かった。名前は?」と!…

  4. セラピストとして技術の幅も自信も楽しさもアップ!

  5. セラピストの施術が上手くなるには

  6. 「圧が弱い」と言われてしまう・・どうしたら圧って入るの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。