手技のテクニックよりも大事なもの

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

私は、仕事の合間に、学びの時間と立ち止まって考える時間を、必ず入れています。

本を読んだりセミナーやワークショップに参加したり、一人ミーティングをしたり。

先日も、「伝え方」を磨くためのワークショップに参加してきました。

こうして発信する側として、分かりやすく伝える努力は、惜しまずしていこうと思っています。

これからも、進化する和もみをよろしくお願いします^^

さて今日は、

手技のテクニックよりも大事なものについて。

前回のブログで、手技はシンプルな方が、お客様の身体の状態に合わせやすい。と書きました。

セラピストさんの手技を見直ししていると、とても複雑な手技が度々出てきます。

「この手技、よく分からないんです・・」

「やりずらくて、指も痛くなってしまうんです・・」

それでは、お客様に気持ち良く感じてもらえませんよね。

まずは、今やっている手技を一つひとつ明確にしましょう!

その手技の目的は?

どこにアプローチするの?

お客様は、気持ちよく感じている?

これを見直すだけで、同じ手技がビックリするくらい気持ちいいものに変わります。

「あ、指が楽です!腰も痛くならないし、動きやすいです!」

「お客様が受けていて気持ちいいときって、自分も気持ちいいんですね!」

こんな風に、手技が明確になると、セラピストの手や身体への負担もなくなります。

お客様が「あ~気持ちいい~^^」と感じる施術は、セラピストの手や身体に負担がないのです。

そして、手技を見直すときに、もっとも大事なことがあります。

それは、「セラピストが、どんな思いで、その手技をするのか?」です。

機械的に流れ作業で作られた料理と、家族を大切に思って作られた料理。

きっと、味が違いますよね?

食べた人の気持ちも、きっと違いますよね?

和もみを学びに来たら、思いの違いで手技が一瞬にして変わるのを体感していただきます。

楽しみにしていてくださいね^^

【最後にお知らせです♪】

・個別レッスン、ワクが少しできましたので受け付けます。

5回連続もいいし、まずは目の前の悩みを解決したいなら、単発でも。

あなたも、今の手技を見直して、自信をつけませんか?

お客様から「気持ち良かった!また次もお願いね!」そんな風に、もっともっと言ってもらえますよ^^

https://aromare.jp/minaoshi

●まずは、無料メルマガで和もみを学んでみませんか?

強もみしないでセラピストを長く続ける秘訣を公開!メルマガ配信中

https://aromare.jp/tsuyomomishinai

今日も、お仕事楽しく頑張りましょうね♪

関連記事

  1. 実は、気づいてるんでしょ?施術で指が痛くなるは良くないって

  2. セラピストとして不向きかも・・と落ち込んだときは

  3. 【施術で指が痛くならない方法】圧の入れ方を見直す

  4. 【提案】セラピストさん!逆から考えてみませんか?

  5. 合わないお客様は切り捨て?【セラピストを長く続けるコツ】

  6. セラピスト【独立・半独立】何から始めたらいいの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。