親指が痛い!そんな悩みを持つセラピストさんへ

和もみ®セラピストの万里です。

今日は、動画の台本を作っていました。

いや~頭の中がぐるぐる。久しぶりにちょっと頭痛がしています・・><

講座をするたび、個別レッスンをするたび、施術やカウンセリングをするたび、セラピストさんやお客様が帰ってから、

あれでよかったのかな?
もっと出来ることがあったんじゃないか?

そんな風に、ぐるぐる考えてしまいます。

落ち込むことは減りましたが、反省はしますね。

使う言葉を変えたり、言葉のバリエーションを増やしたり、自分自身を整えたり、常にアップデートを心がけています。

和もみの基礎講座の内容そのものも、また一つ進化しました!

動画も、リアル講座も、楽しみにしていてくださいね^^

和もみなら、セラピストの親指は痛くならない

なぜなら、和もみ理論は、「セラピストの親指が痛い」のをどうにかする技術ではないからです。

あれ。なんだか回りくどい言い方になりましたね。

お客様が「ああ~気持ちいい~」と喜びを感じて、自分の身体と仲良くなっていくための理論。

強もみに慣れてしまった身体を、本来の感覚に戻していく施術の技術や、

お客様と長く付き合っていくための会話の技術を見直していくための理論です。

つまり、

和もみ理論が考えるリラクゼーションでは、セラピストの親指は痛くならないってこと。

です^^

●98回目のお客様からのお言葉

先日、来店回数が98回目のお客様から、しみじみこんなことを言われました。

===
ここに通うようになってから、体調を崩さなくなって助かっているんです。

最近も、残業が続いていて、きっと前だったら休みの日はぐったりして動けなかったと思うんです。

だから、自分の身体がこんなに良くなるなんて・・本当に助かっています。

ここに来る前は、疲れやすくてよく体調を崩していて、頭痛薬も手放せなかったから・・
===

このお客様とのお付き合いは、もう6年になります。

当初は、体調を崩されて、予約がキャンセルになったことが何度かありました。

それが今では、体調を崩さなくなって、頭痛薬もいらなくなったと、喜んでいました。

嬉しい^^

●痛いけど我慢のマッサージ

そんな話から、うちに来る前に行っていたマッサージの話になりました。

けっこう強めのマッサージを受けていたようです。

痛い思いをするの分かっているのに、すがるような思いで通っていた。と話してくれました。

ところが、あるとき疑問がわいてきたそうです。

体調はほとんど変わってないし、こんなに我慢してやってもらって意味があるのかな?

何か、おかしいんじゃないかな?

そう思って、私のサロンを見つけてくれたそうです。

見つけてくれてありがとう^^

●リラクゼーションに通い続ける理由って?

不調が改善されて、体調も良くなったら、お客様は来なくなるものだと思っていませんか?

もちろん、そういう方もいると思います。

でも、私がやっているのはリラクゼーションです。

治療ではありません。

治ることが目的ではありません。

和もみでは、

自分の身体と仲良くなり、自分の人生を楽しく生きる、やりたいことができる。

これが目的です。

だから、6年も、98回も通って来ているのです。

お客様から、「今度、こんなことをしたいんだよね~」そんな話を聞くのが楽しみです^^

●親指が痛い・・そんなところで止まっていないで!

指や手、腰が痛いけど、どうしたらいいの・・

教えられたようにやっているけど、お客様は本当に気持ちいいと感じてくれているのかな・・

お客様の要望に応えているけど、リピートや指名が続かない・・

あなたが、セラピストとして本当にやりたいことは何ですか?

この仕事を長く続けるための考え方が、和もみにはたくさん詰まっています。

そんなところで止まっていないで、早くこっちにおいで~♪

待ってますよ^^

●和もみ基礎講座の予定

・セラピストの手や身体の負担なく、
 気持ちいい施術ができる!和もみ理論・基礎講座

2020年11月基礎講座開催予定

●【動画担当より】肩甲骨まわり

多くのセラピストさんが間違った思い込みをしているようですが、

肩甲骨のキワは、実はあんまり気持ちよくないのです・・

よかったら見てみてくださいね^^

関連記事

  1. 施術が上手くいったり、いかなかったり、波やムラがあるのはなぜ…

  2. 効果的な練習方法

  3. セラピストの上手い下手って、どこで決まる?

  4. 根っこと枝葉と

  5. 施術が時間内に終わらない!そんな場合は・・

  6. 【提案します!】力加減の聞き方で強さを聞くのは止めませんか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。