押されても感覚のないお客様への対応

こんばんは。和もみ®セラピストの万里です。

今日のブログは、『押されても感覚のないお客様への対応』について。

あなたは、こんな風に思っていませんよね?

もっと、手っ取り早い方法だけ教えてくれればいい。

考え方とか、別に深くなくていいし。

とりあえず、お客様からクレームにならないようにできればいいし。

「もっと強く」というお客様にいちいち、説明するのってめんどくさいし。

時々、そう思っているのかな?と感じることがあります。

それって、セラピストじゃなくて、ただの施術する人だよ!私はそう思っています。

セラピストの仕事は、施術をすることだけじゃないですよ!!

和もみを学んで、実践しているセラピストさんから、こんな報告をいただきました。

===

おはようございます!メルマガありがとうございます。

メール講座や講座で実践してることはたくさんあります。

最近は、前より力が抜けたせいかポイントが探しやすくなってる気がします。

今月初めて来たお客様は自宅のマッサージ機も効かなくなって、他で受けてもよくならず、押されても感覚があまりない方でした。

背中に圧を入れたときに、皮膚の下に固い鉄板でも入ってるのか?というくらい固まってました。

マッサージ機で強くやり過ぎて筋肉が抵抗して硬くなってしまったんですね~と何気に強揉みよくないことをアピールしました。

終わったあと、「ポイントをしっかりついていてすごいですね」と言って頂けました。

2回の施術で、深層の筋肉の硬さがだいぶよくなって、そこまで強く押してないのに楽になったようです。

万里さんのお陰で、自分で考えてできるようになりました(*^^*)

Mさんより

===

Mさん、お客様からの言葉、嬉しいですね!

和もみのやり方で実践していくと、自分で考えてお客様に合わせてできるようになります。

お客様に「もっと強く」と言われて、指や身体を痛めていませんか?

セラピストさんの悩みとして一番多いですね。

解決方法として、手や身体の使い方を見直すことが最優先です。

そして、ほぐすポイントを見つけられていない可能性もあります。

和もみを取り入れると、「そう!そこそこ!気持ちいい~」そのポイントがわかるようになります。

そして、

和もみでは、強もみに慣れてしまった、身体の感覚が鈍くなった身体の感覚を戻すことができます。

これ、すごくないですか?

こんなにガチガチじゃ無理かな~なんて、諦めなくて大丈夫ですよ^^

※和もみを学んでみたい!と思ったら、まずは無料メール講座から。

お仕事、楽しく頑張りましょう♪

関連記事

  1. リラクゼーション業界問題の根深さ…強もみで身体を壊す

  2. セラピストに必要な事【和もみ®の圧の入れ方】

  3. セラピストさんと一緒に変えていきたい!リラクゼーション業界

  4. 施術の力加減、強いor弱いで調整してない?

  5. セラピストは自分を犠牲にしたら続かないよ!

  6. ホテルベッドでの施術3つのコツ