施術の力加減、強いor弱いで調整してない?

和もみ®セラピストの万里です。

さて。今日は、
施術をするときの、力加減の調整方法について書いてみたいと思います。

お客様に施術の力加減を聞くけど上手くいかない…どのように聞いたら良いのだろうか?

このような疑問をお持ちのセラピストさんへ。

和もみ®でお伝えしているのは、『強いor弱い』じゃないんですね。

・マッサージの力加減はこちらでも書きました♪

施術の力加減レベルは使わない方がいいよ

以前、セラピストさんが和もみの施術を受けたときに、こんなことを聞かれました。

今の力加減は、マリさんの中の力加減でやっているんですか?
けっこう強め、中くらい、弱めとか、力加減のレベルで例えたらどれくらいですか?

ん~。。

聞きたいことは分かるのですが・・そうじゃないんですね。

和もみ®では、力加減の調整は、強弱ではなくて『深さ』の違いで調整しています。

  • ほぐしたい、圧を届けたいポイントがどの深さにあるのか?
  • そのポイントには、どれくらいの刺激が必要なのか?
  • ポイントの周辺や身体全体としては、どんなアプローチが必要なのか?

そこに合わせています。

つまり、自分の中の物差しで、強くしよう!弱くしよう!と決めているのではないのです。

■施術の力加減を変えなくても身体に変化は起こる

他のセラピストさんからは、こんなことを聞かれたことも。

1度目と、2度目に押されたのとで、感じ方が違ったのですが、力加減を変えてやっているのですか?

あなたの身体の感覚の方が、変わったのだと思います。

コリや張りが緩んでくると、感覚が出てきたり徐々に深いところに圧が届くようになるのです。

なので、押されたときの感覚が、1度目と2度目で違って感じられたのですね。

そんな風に、身体の変化も指先で感じ取りながら、常に調整しながら施術をしているのです。

和もみ®で伝えている、『お客様の身体に合わせて施術をする』と言うのは、こういうことです。

力加減は、自分目線ではなく、お客様の身体からの目線で調整しましょう。

そうすると、今まで気づかなかった身体の状態が、自分の指や手に感じられるようになります。

個別レッスンやスキルアップ講座などで、この練習をしていくと身体に触れることが楽しくなるようです。

ほぐれていく感覚も感じ取れるようになるので、この仕事が益々面白くなっていきますよ。

まずは、そういう意識を持ってみるところからやってみるといいですよ!

私もはじめから出来たワケではないので、できるようになるまで指導しますよ^^

他のセラピストと差別化して、自分のやりたいことで独立を目指しませんか?

■和もみ®施術の質問会をやります♪

久しぶりに『質問会』をやろうと思います!

和もみ®のこと、施術のこと、力加減のこと、身体のこと、カウンセリングのこと
独立に関すること、コロナのこと、人間関係のこと、などなど。

皆さんの質問に、私が答えます!と言う会です。

Zoomを使ってオンラインで行います。
参加費は、無料。

日程は、今晩3月15日(火)20時~と、3月16日(水)10時~の2回。

最長で2時間の予定です。
途中参加、途中退室もOK!

メルマガや動画など私からの発信が多いので、皆さんの状況やお悩みなども教えていただけたら嬉しいです。

初めましての方も、お久しぶりの方も、いつも来てくださっている方も、ぜひ!ご参加ください。

ZoomのURLは、明日の夜にまたメルマガでお知らせいたします。

せっかくのZoomなので、お顔が見えるように画面はオンにしてご参加くださいね。

お会いできるのを楽しみにしております!

今回は参加できないけど、興味あるという方は、今後も開催すると思うので、メルマガ登録しておいて下さいね。そちらで広報します♪

強もみ施術だと、こんなことも起るかも

「強もみができない私は役立たずなようで・・」

そんな雰囲気の中で、肩身の狭い思いをしている・・そんな話を伺って、悲しい気持ちになっています。

セラピストって、何だと思っているのかな?

強もみの施術で、自分の身体もお客様の身体もイジメている。

目先のことだけで、根本の問題や未来のことなんて考えてない。

本当に、それでいいんですかね?

強もみの施術を受けると、筋肉や毛細血管が傷つき、防衛反応によってさらに硬くなり、感覚も鈍くなり、自律神経のバランスも崩れるなど

身体の中では、良くないことが起こります。

強い刺激は慣れてしまうい、もっともっと!強い刺激が欲しくなる・・そんな中毒性があるのも問題です。

それから、こんな問題が起こることも考えられます。

身体の感覚が鈍くなると言うことは、ケガをしやすくなったり。

動物的な危機回避のカンも鈍くなるので、事故やトラブルに巻き込まれやすくなる可能性も。

他人の気持ちや痛みも感じられないとか、感情や欲求をコントロールできないとか。

そんなことも無関係ではありません。

強もみの問題って、世の中の色んな問題にも、繋がっているような気がするんですよね・・

世の中の問題は、いきなり変えられないけど、目の前のお客様との向き合い方なら今すぐにでも変えられます。

セラピストの仕事って、色んな可能性を持っていると思うんですよね。

そう思いません?

セラピストさん、強もみ施術できなからと一人で悩んでないで相談して下さいね。

力になれたら嬉しいです。

関連記事

  1. セラピストの仕事は、施術だけじゃないですよ!

  2. ほぐしで痛いと効いているは違う!

  3. これで、強もみのお客様は満足してくれる?

  4. 和もみ®マッサージを受けた施術者さんとセラピストさんの感想

  5. 和もみ認定セラピストを作ります!独立支援

  6. 和もみにも治療効果がある!?