強もみをしない「和もみ」は、弱揉みでもない!

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

人生、山あり谷あり。

良いことばかり続きませんが、色々な経験が自分を成長させてくれる。

最近やっと、素直にそう思えるようになりました^^

さて。

先日のメルマガでご紹介しました、ミラクル体験中のHさんの報告には続きがあります。

Hさんのミラクル体験は、こちらを読んでくださいね。

ミラクル体験真っ最中!指名が続いてます。

===

習い始めは和もみと弱揉みの違いが、頭でも体でも理解できなくて大変でした。

理解できないなりに試行錯誤し始めたばかりの頃、「Hさんの元気のいい施術が好きだったのに」

と言って離れて行ったお客様もいます。

でも、続けて来て良かったです。

自分は唯一無二の最強のアイテムを持っている。

そう思える強みが確かな自信になりました。

和もみは決して弱揉みではない。施術していて思います。

お客様の感覚で言うと、結構強いぞ。

こんなに強くていいのかな?って。

でも、指も体も痛くない。

勝手に指が入っていくんだもん。って感じです。

正直に言うと、まだ体や手がしんどいこともありますが。

学んでいる人たちが、和もみの良さ、面白さを、一日も早く知ることができますように。

Hさんより

===

ああ。。嬉しいです^^ありがとうございます!

そう!和もみは決して弱揉みではないのです。

指も体も痛くないし、勝手に指が入っていくのです。

Hさんが初めて来てくださったのは、昨年8月。大阪で開催したセミナーでした。

その後10月には、和もみの基礎講座とスキルアップ講座で学び、今年の1月には、目白のサロンまで施術を受けに来てくれました。

Hさんは、岡山県在住。

毎回、数時間かけて来ています。

5月には、スキルアップ講座とペア個別レッスンで技術の見直しをしました。

そして、先月9月のスキルアップ講座のあとミラクルが起きたのです!

それにしても、

頭でも身体でも理解できなかったのに、なぜ続けてくれたのか伺ったところ、こんなお答えをいただきました。

===

お客様の体を痛めるような不名誉なことはしたくない。

万里さんの理論に共感していたから。

直感通りです!

自分、すごい^^

===

>お客様の体を痛めるような不名誉なことはしたくない。

これこそ、本物のセラピストだと思います。

一見、自分中心のように感じるかもしれませんが、自分がしていることに責任を持つのは当たり前ですよね。

そして、お客様の身体に起こることにも責任を持つ。

これって、ものすごく大事なことです!

現場の空気に流されて、やりたくないことをやっていませんか?

和もみ気になる!なんか良さそう!あなたもそう思っているなら。

会いに来てくれるのを待っています^^

目白のプライベートサロン アロマリ

関連記事

  1. 基本に戻って「コリ」について考えてみよう!

  2. 強もみしない施術の効果は、どれくらいもつ?

  3. ちょっと心の痛むことがありました

  4. マッサージの力加減の聞き方、変えてみました?

  5. とにかく行動してみることにしました!

  6. 圧の深さは、皮膚脂肪をとばして1~5ミリ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。