親指、中指、手首が痛い…セラピストの仕事が憂うつ

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
セラピストの親指や身体に負担なく、施術をするためのコツをいくつかお伝えします。

セラピストの仕事をしてて親指が痛い…今すぐ指が痛くならなくする方法はあるのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

こちらも参考にしてみてね。

セラピストの仕事をしてて親指、中指、手首が痛い

先日、こんな痛々しいメールが届きました。

はじめまして(*^^*)
新人セラピストです。

1ヶ月の研修のあと、店舗に出て1ヶ月が経とうとしています。

強圧希望のお客様の多い店舗で、親指、中指、手首が激痛で、
強圧が出来ないのに更に痛みでまともに施術出来ず、お客様に申し訳なく毎日が憂うつです。

手が痛いし、お客様にも申し訳ない・・身体だけでなく気持ちも滅入ってしまいますね・・

きっとこのブログを読んでいる方には、同じような悩みの方も多いと思います。

まわりに相談しても、

「親指が痛いとか、腰がつらいとか、当たり前だよ」

「この仕事そういうものだから」

強もみに疑問を感じても、

「お客様が言うからやるしかないよね」

そう言われてしまう・・

まわりに相談できる人がいない・・

考え方が合わない・・

色々と検索して、和もみ®を見つけて

「そんな方法があるの!?」

「私の違和感は間違ってなかったんだ!良かった!」

そんな風にして、講座に学びに来るセラピストさんがたくさんいます。

私自身も強もみのお客様が多く来るお店で働いていた頃は、親指が痛くて冷やしながら仕事をしていました。

ジンジンして何かを掴もうとしても、プルプルしてしまったり・・

つらいですよね><

■親指が痛いを無くすには強く押そうとしないこと

親指の痛みや腰のつらさは、実際に見直ししたらすぐに解決しますが、

今すぐできる方法として2つお伝えしますね。

  1. 構えない
  2. 押さない

「もっと強く」と言われると、焦りますよね。

そうすると身体に力が入り、余計に圧が届かなくなります。

なので、『構えない』ことです。

親指の関節を出して、四指を揃えて・・そんな風に習うようですが、

痛いとなり上手く出来ないのなら、自分の普段の手のカタチのままでいいです。

そして、『押さない」ことです。

え!?っと思うかもしれませんが、「もっと強く」と言われるのは、ポイントに圧が届いていないからです。

強く押せば押すほど、筋肉が抵抗して圧が届かなくなります。

押さないで、身体の中の筋肉を触りにいくイメージの方がいいですよ。

■親指が痛いなら、まずこれをやめよう

親指や身体の負担をなくして、お客様に気持ちいい施術をしたいなら、この3つはしない方がいです。

  • 肘を伸ばさない
  • 踏ん張らない
  • ベッドに乗らない

これをしないと、強く押せないよ。と言われるようですが、そんなことはありません。

むしろ、身体がつらいし、圧は入らないし、意味がないです。

自分の身体がつらいと、気持ちにも余裕がなくなります。

お客様に喜んでいただける施術ができるようになるためにも!手技を見直ししてみてくださいね。

詳しくは、和もみ®基礎講座でお伝えしています。

動画版もありますので、スケジュールが合わない場合は、そちらも活用してくださいね。

■セラピストとして自分メンテ♪

今日は、自分のメンテナンスのために、身体の使い方のチェックに行ってきました。

自分の身体のことが、正確に自分で分かると、こんなにも動くのが楽なのか!と驚きますよ。

知らず知らずのうちに、身体のどこかに力が入っているものなんですよね・・

この状態でお客様の施術をすると、ほぐれるのが早いし気持ちいいようです。

なので、出来るだけ良い状態で、お客様の身体に触れるように心がけています。

メンテナンス大事ですね!

だから、セラピストさんの施術の手技を見直しするときに、手や指の当て方や圧の入れ方だけでなく、

身体の使い方、姿勢や動きもチェックしてアドバイスしているのです。

セラピストの状態は、お客様の身体にも影響しますからね。

関連記事

  1. セラピスト講座の感想:施術後の変化に違いが!

  2. 施術後に痛みが出てしまった…セラピストが気を付けるべきこと

  3. セラピストの悩み:施術を時間内に終わらせるには

  4. 強もみせずにほぐす!セラピストさんからの宣言

  5. セラピストの腕や腰の使い方、指の痛み対策

  6. お客様に合わせる施術はしていますか?