セラピストとして何のために学び、どこを目指すのか?

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
セラピストとして何のために学び、どこを目指すのか?

セラピストとして学びを深めていきたい…強もみしない和もみ®セラピスト講座では何が学べるの?

このような疑問をお持ちのセラピストさんへ。

セラピストとしての学びについて

大阪での4日間のセラピスト講座が終わりました。

セラピスト基礎講座には、こんな悩みの方が参加してくれました。

  • 指が痛い、腰がつらい
  • 立ち指で圧が鋭くなる
  • 四指にも圧が入ってしまう

自分の身体への負担や、身体が上手く使えないお悩み。そして、

動画で学んでいるけど、和もみ®の圧ってどんな感じか体感してみたい!

弱くない?気持ちいいの?お客様は満足してくれるの?

そんな思いで参加された方もいました。

セラピストスキルアップ講座の方では、

  • ポイントが合っているのか?
  • お客様は本当に気持ちいいのか?
  • また強もみになってきていないか?
  • この部位を和もみだとどうなるの?
  • この手技は和もみになっている?

少しずつ、和もみを実践してきたからこそ出てくる悩み。

それを一つ一つ見直し。

他のセラピストさんの手技を受けることができるのも、スキルアップ講座のメリットですね。

いろんな角度から学ぶことができます。

■セラピストが和もみをどう取り入れるか?

すでに、独立や半独立をされているセラピストさんならどんな施術をするかは、自分で決められますが、

サロンにお勤めセラピストさんの場合は、100%和もみ®をやるのは難しいと思います。

和もみ®セラピスト講座で学んだことを、まわりが強もみをする中で、全く違うことをするのはちょっと工夫が必要。

お店のルールや状況に合わせて、一つずつ取り入れていきましょう!

例えば、

今日は、指の当て方、爪の向きを意識してやってみよう!

押すのを辞めて、受け入れてもらうを意識しよう!

肩まわりだけやってみよう!

といった感じで。

身体の使い方、自分のあり方、お客様への想いなどなど、『今日のテーマ』を1~2つ決めてやってみる。

そして、何が出来て何が出来なかったか振り返り自らで学ぶ。

その出来なかったかことを、また一緒に見直しして練習しましょう。

■学びを活かし強もみエスカレートを止めるセラピストに!

今まで強もみを受けてきた身体は感覚が鈍くなっています。

なので、強もみのお客様に、今までと同じように満足してもうことは

強もみが良くない!お客様に良いことをしてあげたい!お客様の身体を本当の意味で良くしたいと考えるなら・・

まずは、和もみ講座の学びを活かし『強もみのエスカレートを止める』ところからやってみませんか?

鈍くなった身体の感覚を戻して、本来の楽な身体になれる技術を身に付けましょう!

「気持ちよかった~」だけじゃなく、

「あなたに出会えてよかった!」

そう言われる、お客様と長く付き合えるセラピストを目指しませんか?

■大阪セラピスト講座を終えて

先週は、大阪出張4日間の講座が終了。

土曜日は、和もみ®メンバーさんご家族とピクニックへ♪

お天気も良くて気持ち良かったのですが、うっかり日焼けをしてしまいました><

紫外線も強くなってきていますね。

そうそう!沖縄で和もみを学びたい方はいませんか?

先週から受付けを開始しました4月の講座は、名古屋講座の方はあと1名となりました。

沖縄の方は、まだ参加可能ですのでタイミングの合う方はぜひ♪

詳細はこちらからどうぞ♪

関連記事

  1. 強もみから脱出する5つの見直しポイント

  2. 和もみ基礎講座の動画を作ります!セラピストさんへ

  3. オイルマッサージの手の密着にいて♪気持ち良いがアップ!

  4. セラピストスクール【技術見直しで大切にしているもの】

  5. セラピスト養成講座の感想:他の講座との違いは?

  6. セラピスト大阪講座の感想を紹介します♪