ヘッドマッサージの力加減を強く押していない?頭蓋骨は凹まないよ?

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
強く押しても頭蓋骨は凹まないよ?という話です。

ヘッドマッサージでもっと強くと言われることが多い…頭蓋骨を強く押すって意味があるのかな?

このような疑問をお持ちのセラピストさんへ。

ヘッドマッサージの力加減を強く押していない?

ヘッドマッサージも「もっと強く」と言ってくるお客様っていますよね。

ボディよりは、少なめですかね?

私も、昔のサロン勤め時代は、強もみをしていました。

頭を強く押したり揉んだりするのって、かなりしんどかったのを覚えています。

全部の指に力を入れるから、力を抜いても、指が曲がったままなかなか戻らなかったりしていました・・

今考えると恐ろしい・・><

考えてみれば、頭には頭蓋骨があって、どんなに押しても凹むワケないのにね・・

「もっと強く」と言われたら、頭蓋骨を必死になって押したり、頭蓋骨に指がめり込ませようと四指でつかんだりしていました。

骨はどんなに強く押しても、凹みません。

骨に指がめり込むことも、ありません。

考えてみたらそうなんですよ。なんで、あんなに力で頑張って押していたのか・・

■ヘッドマッサージの力加減和もみ®の場合は

身体の構造とか、圧が入る仕組みとか、ほぐれる仕組みとか、気持ち良さを感じる仕組みとか・・

そう言うのを知らないでやっていたからなんですよね。

ちなみに、和もみ®ヘッドマッサージの場合はこうしています。

  • 骨の上にあるものにアプローチする
  • 圧を止めて頭蓋骨に響かせる

受け手の感覚の違いは・・

頭蓋骨を強く押すやり方だと、刺激は鋭くなるが押された部分が感じる。

一方、和もみ®のやり方だと、刺激はやさしいが、押された部分から頭の中や頭全体に広がっていく感じ。

何かしらず~っと考えてしまう人や、首や肩のコリから頭痛になる人や、身体の力が抜けない人には、和もみ®のやり方が合うと思いますよ。

強くしてしまうと、反動で余計に硬くなって、緩まなくなってしまいますからね。

昔のサロン勤めの頃のお客様で、どんなに押しても「もっと強く」と言われてしまうことがありました。

今思えば、気持ち良さが奥に伝わってこなかったんだと思います。

『たくさん押せば、気持ち良さが増える』ではないんですよね。

興味のある方は、この講座で詳しくお伝えします♪

【目白サロン1Day講座】

頭と思考がほぐれて視界が明るくなる!
『私の手技を教えます♪頭、目、首編』ドライのみ

日時:3月14日(木)11~17時

URL:https://aromare.jp/campaign/20240201/

■今年もビジョンマップ作りました♪

日曜日の昨日は、サロンでビジョンマップ作りをしました。

10年以上通ってくださっている超!常連のお客様3名と一緒に作るのが、ここ数年の恒例行事となっています。

ビジョンマップとは、雑誌やパンフレットなどから好きな写真を切り取り、画用紙に張っていくもの。

ほしいものが手に入ったり、なりたい状況になれたり・・良いこといっぱいありますよ♪

「あ、これ好き~!」
「ああ~ここ行きたい!」
「こういうの、やってみたいんだよね~」

そんな話をお客様同士で楽しそうにしていました^^

通常は、お客様とセラピストとの一対一なことが多いサロン業ですが、

こんな風にお客様同士がつながれるのも、個人サロンだからできることなんだと思います。

実は、私も初めからこんな風に、お客様と関係を気づけたワケではないのです。

セラピストを長く続けていく秘訣、お客様と長く付き合える秘訣、お伝えしています。

【現在募集中の講座はこちら】
https://aromare.jp/campaign/20240201/

関連記事

  1. セラピストはマニュアル手技から卒業しよう!

  2. セラピストさんからの質問に答えます♪起立筋がズレていく…

  3. 施術が上手にならないのは、考える順番が違うからかも?

  4. 今の手技をお客様に合わせるには?

  5. お客様の身体に合わせて施術するには?肉の塊じゃないよ?

  6. 手技での母指と手根と四指の使い分け