太っている方への施術アプローチ方法

和もみ®(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
太っている方への施術アプローチ方法についてです。

太っている方への施術が苦手…うまく施術する方法とかあるのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

太っている方への施術アプローチ方法

ガチガチの場合はどうしたらいいですか?と同じくらい、セラピストさんに聞かれるのが

「太っていて脂肪の分厚い(太っている)」場合は、どう施術したらいいですか?

ガチガチの場合も、脂肪が分厚い(太っている)場合も、どこが凝っているのか、捉えられているのか、わからず悩みますよね・・

脂肪も柔らかい場合と、硬い場合があります。

■脂肪が柔らかい太ってる方への施術アプローチ方法

まず、脂肪が柔らかい場合は、脂肪越しに施術アプローチする。

考えてみると、そうする以外に方法はないのですよね・・

脂肪をどかすわけにはいきませんからね・・

手前に脂肪があるので、圧が届いているのか不安になるかもしれませんが、

どんなに厚着をしても、ダウンコートを着ていても外から触られたら、感じますよね?

ポイントに迷うようでしたら、骨の位置を目安にしましょう。

指の感覚が磨かれてくると、脂肪越しにも筋肉やコリのポイントがわかるようになってきます。

■脂肪が固い太っている方への施術アプローチ方法

一方、厄介なのは、脂肪が固い場合です。

硬い革ジャン越しでは、触れられている感覚も鈍いですよね?

手前に硬い脂肪があると、当然指は入っていきません。

なので、この場合の施術アプローチは、脂肪からほぐしていきます。

脂肪が固いということは、冷えて血流が悪い状態です。

硬い脂肪がほぐれていけば、その奥の筋肉にも血が巡るようになります。

脂肪がほぐれてきたら、奥の筋肉も一緒にほぐしていきましょう。

セラピストは施術だけするマッサージチェアじゃない!

ここまで読んで、

「仕組みはわかったけど、それでお客様は満足するかな?」

「もっと強くって言われないかな?」

そう思ったなら・・お客様の顔色を伺いすぎていますよ。

セラピストは、お客様の言いなりに施術をする、マッサージチェアではないですよね><

お客様に身体の状態を伝えて、それに合わせて調整していく。

お客様をより良い方へ導いていくために、必要な提案をする。

これが、本来のセラピストではないでしょうか?

できれば強もみしたくないけど、自信がない・・

コリもハリも、よくかわかってない・・

骨格も筋肉もよくわからない・・

そもそもコリって何なの?

どうしたらほぐれるの?

強くしないでほぐれるって、どうやるの?

自分の身体に負担なく、お客様に喜んでもらえる方法を知りたい!

そんな方はぜひ!和もみ®を学んでみてくださいね。

■おわりに:セラピストの仕事を長くしていると♪

先日、目白での練習会には、お久しぶりの方が来てくれました!

色々話をしていて、どうも5年以上ぶりだったようです!

他にも2年ぶりの方や、昨年の12月以来の方も。

覚えていてくれて、思い出してくれて、また来てもらえるって・・すごく嬉しい^^

そうそう!

今年の夏は、約10年ぶりに来てくれたお客様もいました。

長く続けていると、こうした再会がある。

セラピストの仕事って、色んな幸せを感じられるいい仕事ですね^^

関連記事

  1. セラピストはマニュアル手技から卒業しよう!

  2. 施術の効果を高めるために必要なこと

  3. 施術をするための基本・土台ができてる?

  4. 施術が上手にならないのは、考える順番が違うからかも?

  5. 今の手技をお客様に合わせるには?

  6. セラピストさんからの質問に答えます♪起立筋がズレていく…