セラピストが自信を持てないのは教え方に問題がある

和もみ®セラピストの万里です。

今日から、ファスティングの準備に入りました。

食事の量を、普段の半分に減らし、アルコールも飲めません・・

以前、3日間はやったことがあるのですが、今回は5日間にチャレンジ。

食べ物を身体に入れないと、色んな変化が起こるんですよね。

身体って、本当に上手く出来ているな~としみじみ。

今回は、自分の身体がどうなるのかとても楽しみです^^

セラピストが自信を持てないのは教え方に問題がある

さて今日は、
痛がるお客様も「あ~気持ちいい~」となるコツについてお届けします。

習ったようにやっているけど、お客様の反応にムラがある・・

強くして欲しい人と、痛がる人と、何が違うのかが分からない・・

気持ちいいと言ってもらえるけど、自信がもてない・・

そんなこと、ありませんか?

それは、教え方に問題があるのかもしれません。

●セラピストは「やり方」しか教えられていない

「ここは母指で押して」とか、「ここは揉捏して」とか

「ここをやったら次はここ、その次は・・」とか。

手技の動きや手技の順番、つまり「マッサージのやり方」は教わると思います。

ですが、「どんな感じが正解なのか?」そこまで教えてもらえていますか?

私がサロン勤めをしていたときの研修では、チェックをしてくれた先輩からこんな風に言われました。

「だいたいそんな感じ。あとはお客様に入りながら練習して・・」と。

そんな感じって、どんな感じ??

お客様に入るのが不安で、何を言われるかドキドキしながら施術をしていました。

こんな、分かるような、分からないような、そんな教え方をされていませんか?

ちゃんと納得できていますか?

●先輩から「自分がうまく出来た方法」を教えられる

教え方の問題は、他にもあります。

「指が痛いなら、手をこうしたらいいよ」とか

「圧が入らないなら、ベッドに乗ればいいよ」とか。

部分的に言われることです。

私のときは、先輩によって言うことが違ったりしたのでパニックです。

いったい、どれが正しいの??

後で分かったのですが、先輩がそれぞれ、「自分がうまく出来た方法」を教えてくれたのですね。

教え方が、手技の動きや手技の順番など「やり方」や、部分的に「自分がうまく出来た方法」だけでは、どうしてもこうなります。

・お客様が痛がっていることに気づけない

・お客様がやってほしいポイントが分からない

なので、お客様の反応にムラがあるのは当然。

お客様一人ひとりに合わせることなんて、いつまで経っても出来ないですよね・・

●「痛くない!気持ちいい!」と言って頂けた

セラピストさんから、嬉しい報告が届きましたので紹介します!

お客様の反応が良かったのと、色々と気づきがあったようです。

ユーチューブの動画、先日のお尻ほぐし分かりやすくて凄く良かったです!!

腰がつらいけど、お尻マッサージは痛すぎるという方に、まりさんの動画のようにやってみたところ「今日痛くない!気持ちいい!」と言って頂けました。

お尻は、まりさんが動画で説明されていた、「自分の手の力をぬく」「入れて→ゆらす」、「押すではなく、指を入れる・沈める」に注意してみました。

そうしてみると、いままでは力で押していた部分が大きかったと感じたのと、仙骨周りの筋肉で硬くなっている部分が判り易いと思いました。

施術しながら、私もえっ!?まりさんの動画、すごい!!!!って思っていました!!

まだ、手や腕に力が入ってしまいがちなのですが…

まりさんのサロンに行って&基礎を受けてから、動画の情報が以前より受け止めやすくなりました!

個別レッスンまでに自分の疑問や伺いたいところをまとめておきたいと思います。
宜しくお願いいたします!

Mさんより

YouTubeの動画が役にたったようで、よかったです!!

●「あ~気持ちいい~」となるのはやり方だけではない!

Mさんが、動画を見て実践したのはこちら。

自分の手の力をぬく

入れて→ゆらす

押すではなく、指を入れる・沈める

そうしたら、今まで力で押していたことに気づき、筋肉が硬くなっている部分もわかりやすかったようですね。

Mさんは、基礎講座の前にサロンに来ているので、和もみの施術が「どんな感じが正解なのか?」を知っているのですね。

それから基礎講座を学んでいるので、理解もしやすかったと思います。

>まりさんのサロンに行って&基礎を受けてから、動画の情報が以前より受け止めやすくなりました!

手技の動きや手技の順番などの、「やり方」に惑わされなくなったのだと思います。

同じ動画を見ても、見方が変わると得られるものも変わりますね^^

●和もみ®講座の教え方

和もみ基礎講座では、セラピストとしての土台となる部分をお伝えしています。

土台の部分が弱いと、いつまでも不安だったり、不安定だったり・・

セラピストを長く続けていくために、絶対必要なことです。

Mさんのように、施術を受けてみると「どんな感じが正解なのか?」が身体で体感できます。

さらに、個別レッスンでは、「自分に合った方法」が見つかるので、そのあとは自分で考えて出来るようになります。

めんどくさいと思うかもしれませんが、土台を作って積み上げていくので、自然と自信がついていきます。

Mさん、個別レッスンも楽しみにしていてくださいね!

気づかずに力んでしまったり、お客様によって出来たり出来なかったりのムラを無くしていきましょうね^^

そうすると、お客様からの嬉しい声が増えていきますよ!

関連記事

  1. セラピスト【独立・半独立】何から始めたらいいの?

  2. セラピストスクールで学んでも現場では使えない

  3. 私の講座に来なくても、私のようになる方法

  4. マッサージ店のお客様が減っている理由は?

  5. セラピストとして不向きかも・・と落ち込んだときは

  6. 【施術で指が痛くならない方法】圧の入れ方を見直す

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。