和もみ認定セラピストを作ります!独立支援

和もみ®セラピストの万里です。

今日は、ファスティング2日目。

お腹は空いていますが、意外と大丈夫です。

なんでファスティングをしようと思ったのかと言うと、一つはダイエット。

40代になってから、じわりじわりと増えてきた体重を落としたい!

過去の動画を見たら、ばれてしまう・・><

もう一つは、健康のためです。

これと言った不調はないのですが、やはり気になる年齢なので。

今までため込んできた、病気の元になるものをデトックスしたいのです!

ファスティング中は、普段では考えられないシステムが身体の中で働きます。

若返りホルモンとか出ちゃうんですよ!!(笑)

あと3日、楽しみます^^

『和もみ認定セラピスト』と言うのを作ります!独立支援

さて今日は、
和もみのこれからについて、少しお伝えします。

今年から、独立・半独立のサポートを始めています。

今はサロン勤めだけど、いつかは独立したい!

お勤めしながら独立の準備をしたい!

そんなセラピストさんが2か月に1度集まって、勉強会(無料)をしています。

この勉強会への参加条件は、和もみを理解していることと、和もみを取り入れて活動をされていることです。

そして、スキルアップ講座や個別レッスンに参加していることです。

独立して続けていけるように、土台から積み上げていきましょう。

こんな風に、一緒に頑張れる仲間がいますよ!

万里さんこんにちは!
昨日も濃い勉強会を開いてくださりありがとうございました!

この世に和もみを生んでくださって、そして万里さんや皆さんがいてくださって本当によかった~!!
とかみしめた1日でした!

みんなで繋がって、和もみを広げていくのがわくわくです♪

そして、12月も参加させていただきたいですヾ(´▽`*)ゝ
よろしくお願いいたしますm(__)m

Nさんより

Nさん、いつもありがとうございます^^

いや~私も、Nさんや皆さんの想いが聞けて、とても幸せでした!!

みんなで繋がって、和もみを広げていきましょうね♪

和もみの考えを理解して、技術も上達してきたセラピストさんが出てきたので、

年内には、『和もみ認定セラピスト』と言うのを作ることにしました!

『和もみ認定セラピスト』になったら、アロマリのホームページでご紹介していく予定です。

少しでも、独立のお手伝いになったらと考えています。

うにさんもぜひ!和もみの仲間に加わってくださいね^^

●セラピストが独立するために必要なこと

独立を考えているセラピストさんにお伝えしていることの中に、『自分のウリをつくる』と言うのがあります。

「私は、これが得意!」「これなら任せて!」

という『ウリ』を持っていることが、長く続けられる秘訣の一つです!

例えば、首肩まわりは任せて!とか、冷え性改善は得意!とか、

カラダ面もいいですし、笑顔にするのが得意!とかも、ウリになります。

私の場合は、身体と一緒に気持ちも楽にするのが得意です。

身体の不調と悩みや不安から解放されるので、「やってみよう!」って気持ちになるようです。

なかなか頑張れない・・前へ進めない・・そんな方は任せてね^^

あなたの『ウリ』は何がありますか?

●セラピストにとって手技の見直しは大切

習った通りにやっているけど、お客様の反応も様々で、まだまだ自信も持てない・・

そう。『自分のウリをつくる』にも、基本が大事。

まずは、あなたが今やっている手技を見直すことからやってみませんか?

前回は、研修などでの教え方に問題があるのでは?と言う話をしました。

現場で色々言われて混乱しているセラピストさんも多いと思います・・

でも、せっかくご縁があって学んだ手技なので、しっかり活かしていきましょう!

今の手技を見直すポイントは3つ

  • 一つ一つの手技のポイントや方向が、明確になっているか?
  • お客様が「どう感じているか?」を、感じ取れているか?
  • 強もみにならずに、気持ち良くアプローチできているか?

これを見直すと、お客様の反応も変わるし、何より自信を持って施術が出来るようになりますよ!

私のサポートが必要な場合は、個別レッスンで一緒に見直しができます。

あなたの『ウリ』も、きっと見つかりますよ^^ 

関連記事

  1. 『対照的な感想をいただきました』

  2. 治療との違い!リラクゼーションは治せない。だから不調が良くな…

  3. 一人で家でこっそり施術の練習②

  4. 押されても感覚のないお客様への対応

  5. 強もみのお客様の気持ちを考えてみよう!

  6. セラピストの仕事を通じて、子育て生き方のヒントを学ぶ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。