「ほぐれた」とはどういう状態?手の感覚で分かるのかな?

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
ほぐれたかどうか、どう判断したらいいの?そんな話です。

ほぐれたとはどんな状態や感覚のことをいうのかな?ほぐれた状態がイマイチ分からない…

このような疑問をお持ちのセラピストさんへ。

ほぐれたとはどういう状態?

先日、こんなご質問をいただきました。

手順通りに施術はできるようになったけど、ほぐれたかどうかが分かりません。

詳しく伺うと、

「ほぐれた」と言うのがどういう状態なのか?どんな感触なのか?分からないとのこと。

ほぐせていないからなのか、自分の手の感覚が鈍いからなのか?

なので、どんな状態になったら、ほぐすのを辞めていいのか?

施術後に、お客様にもほぐれたかどうかを伝えることができない・・

先輩たちに聞いても、あいまいな答えしか返ってこなくて・・

とのことでした。

確かに!私もサロンの研修ではもちろん、教えてくれなかったし

アロマトリートメントや他の手技療法を学んだ時にも、どれくらいやったらいいのか?の答えはあいまいなものでした。

「ほぐれたとは」こんな状態になったら「ほぐれたサインだよ!」「それ以上やったらやり過ぎたよ!」

そういう目安になるものがあるといいですよね。

■ほぐれたサインを知ろう!

和もみの「ほぐれた」場合のサインは、

  • 温かくなってきた
  • 血行が良くなってきた
  • ふっくら弾力が出てきた
  • 押された感覚が変わってきた

こういったことが、ほぐれたサインです。

ほぐれたサインを意識しながら施術をしていると、ほぐれる感じがわかってきますよ。

和もみの基礎講座とスキルアップ講座で学んだことを意識してやるようにしてから、施術をしていてコリがほぐれるのが早くなりました。

マリさんが言っていた「コリがふっくらする、固いところの表面がふわっとする」というのが分かるようになってきました。

Mさんより

力でグイグイ押し潰すのとは全く違う、和もみのほぐれたサイン。

強くしなくてもほぐれる仕組みから、ほぐれるための圧の入れ方、施術による身体に起こる変化など

和もみの理論を知って、疑問や違和感があるけど、何となくやっている・・

そんな状況から抜け出しましょう!

それから、和もみの施術を受けて、自分の身体で体感してみるのもいいですよ^^

和もみのほぐれた状態を理解すると、セラピストの仕事が楽しくなりますよ!

まずは無料メルマガから和もみを学んでみませんか?

■おわりに:雑誌セラピストの掲載されます♪

このブログで以前お伝えしたかと思うのですが、雑誌「セラピスト」に和もみのことを掲載していただきます。

先週末までその原稿を修正してもらうためのやり取りをしていました。

せっかく載せていただくので妥協はしたくない!

ギリギリまで対応してくださった担当の方には、本当に感謝です。

結果9割近く、はじめの原稿と違う内容になりました。

伝えるって、難しい~><と改めて思いました。

雑誌の発売は、11月7日。
セラピスト12月号です。

本屋さんでもAmazonでも、売っていますので、ぜひ!見てみてください^^

セラピストさんが強もみの悩みから解放されることを願いながら、和もみを伝えていきたいと思います。

関連記事

  1. 研修の施術をしたら親指を痛めたセラピストさんへ♪強押ししない…

  2. リラクゼーションで効果のある施術とは

  3. 治療系やエステとも違う、リラクゼーションの目的とは?

  4. セラピストにとって大切なこと「身体のことと人間関係」

  5. リラクゼーションチェーン店のセラピストが身体を壊さず仕事をす…

  6. セラピストを長く続けていくためのステップ【講座の感想】