セラピストさんの苦手意識をなくす方法

和もみ®︎セラピストの万里です。

強もみのお客様に対する苦手意識を解消したい。恐怖心をなくすにはどうしたら良いの?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

セラピストさんの苦手意識をなくす方法

さて今日は、
セラピストさんが、苦手意識や恐怖心をなくすには、こうしてみるといいよ!そんな話です。

先日、こんなメッセージが届きました。

万里様、はじめまして!
今年の3月から未経験でアロマセラピストとして働かせて頂いている者です。

強もみの方に対してもご満足頂きたい気持ちはあるけれど、
なかなか少しの研修だけでは自分の技術や知識が追いついていないように感じております。

苦手意識・恐怖心を無くして、楽しくお仕事が出来る様自信をつけたいと思っています。。
どうぞよろしくお願い致します。

Aさんより 

Aさんのように、感じているセラピストさんは多いと思います。

例えば、強もみのお客様に苦手意識があったり、不得意なタイプのお客様だと上手くやれなかったり、

また上手く出来なかったらどうしよう・・と恐怖心で更に上手くやれなかったり。

もちろん、私もありました。

今でも、また別のものに苦手意識や恐怖心があったりします。

●セラピストさんが苦手意識や恐怖心をなくして前に進むには

何が怖いのか?どうなってしまうと思っているのか?

分析してみましょう。

私の場合は、リアクションが薄い人が苦手でした。

話しかけても、返事があまり返って来ない人です。

「ヘタだな~と思われてないかな・・大丈夫かな・・」

「終わってから、何か言われないかな・・後でクレームとか・・」

こんな風に思っていたこともあるので、ちょっと自分目線でしたね。

●上手くいく自分のパターンを作る

苦手な中でも、上手く出来たときってありますよね。

私の場合は、「お身体辛そうですね~」と少しオーバーに共感したり、

例えば、こんなことないですか?」と、答えやすいように話をしたりしたときは、

普段話さないお客様でも、少し話をしてくれることがありました。

なので、リアクションが薄い人の場合は、この二つを試してみることにしています。

上手くできなかったことや、失敗したことの方が記憶に残りがちですが、必ず上手く出来たときがあるはずです。

恐怖や苦手意識に引っ張られないようにすることが大事です!

あ~また、上手くできないかも…と思うと焦ってしまって、更に上手くいかない確率が上がります。

だから、あっちょっとヤバいな~と思ったときも、一呼吸置いて上手く出来たときのことを思い出すのです。

こうしていくと、自分の成功パターンが作れます。

「上手くいかないと思ってはいけない」と思ってしまうと、上手くいかないので注意です。

ヘンな文章になりましたね。伝わってます?

「こうしてはいけない」という否定型は、身体が緊張してしまいます。

大丈夫!きっと上手くいきますよ♪

●セラピストさん勉強しましょう♪

昨日から、3日間大阪で講座をしています。

火曜日は個別レッスン、水曜日は、基礎講座、木曜日は、スキルアップ講座。

そんなスケジュールです。

ちなみに、月曜日はセルフケア講座でした。

今回は、お味噌作り!

自分の腸を整えてくれる菌をたっぷり入れて作りました^^

そのあとは、お昼を食べて、自分で自分を癒す。

お腹も満たされて、うとうと・・

そんな時間を過ごせるのがセルフケア講座です。

次回は、1月に。テーマは、経皮毒と和もみ流のお肌ケアについてです。

それから先日、看護教員をされているお客様からコロナ対策についてお話しを伺いました。

世間の間違った感染症対策と、新型コロナだけに捉われて大事なことを見失っていることなど。

皆さんもこの現状に、何らかの違和感を感じているのではないでしょうか?

ちなみに、私のサロンや講座では、マスク着用のお願いしていません。

風邪を引いている花粉症など、必要な体調の場合以外は、付ける必要はありませんので。

セラピストなんだから、身体の中を整えることを考えないとね^^

●【お勧めの本を紹介♪】

セラピストを長く続けたいなら、まずはこの本は読んでおいた方がいいよ♪

関連記事

  1. なんでお客様と長くお付き合いできるのか?

  2. 施術をしていると、つい力が入ってしまう「クセの治し方」

  3. セラピストが自信を持てないのは教え方に問題がある

  4. 根っこと枝葉と

  5. マッサージ店のお客様が減っている理由は?

  6. サロン勤めだからできるセラピストの独立の準備

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。