ほぐしのやりすぎは注意!気持ちが強すぎて、やりすぎてない?

和もみ®(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
ほぐしたい気持ちが強すぎて、やりすぎてない?・・と言う話。

硬いコリをみつけると、やわらかくなるまでほぐしたくなってしまう…これって良いことなのかな?

このような疑問をお持ちのセラピストさんへ。

ほぐしのやりすぎは注意してね!

先日の福岡セラピスト講座に参加してくれたセラピストさんから、メッセージが届きました。

先生、2日間、ありがとうございました^^
今日は、お客様に、実践してみました!

2日間の練習を思い出しながら、自分なりに、といった感じでしてみました。
やはり、今までは、やり過ぎだったのね!と、思いました。
身体も指もいつもより、だいぶ楽に思いました。

お客様の反応もよく、いつもより早く入眠されました!

・腹八分目
・やり過ぎない

を思い出して、途中、何度もセーブしました。
1つ1つ丁寧にですね♪

ありがとうございます!
Mさんより

Mさんは、早速やってみたようですね。

  • 腹八分目
  • やり過ぎない

これとっても大事です!

ほぐしでやりすぎているセラピストさんって多いんですよね。

■ほぐしの仕事でお客様と長く付き合っていきたいなら

今週のセラピストスキルアップ講座でも、揉み返しや好転反応などが気になっていた・・とのことで、

ほぐしでやりすぎないことの大切さを、改めてお伝えしました。

意識してほしいことは、

  • 施術もやればやるほど良くなるのではない
  • 何事も腹八分目、欲張らないこと
  • お客様の身体の治癒力を信頼すること

施術をするときは、

  • どこにアプローチするのか明確に
  • 圧の重さは、1~3キログラム
  • コリを押し潰さないこと

やはり、ほぐし手技の見直しをしていると、だいたい皆さんやりすぎています。

圧の加減も、ほぐそうとする気持ちも。

強さもそうですが、やりすぎになっていないかも、気を付けてチェックしてみてくださいね。

お客様と長く付き合っていきたいなら、そのお客様に合わせた施術ができるようになりましょう!

ほぐしたい!という気持ちが、やりすぎにならないようにしましょうね。

■福岡・東京セラピスト講座を終えて

先週は福岡で、今週は目白サロンで、和もみの講座をしました。

YouTube動画を見て、インスタを見て、メルマガを読んで、和もみ®に興味を持ってくださったとのことで

見つけてもらうために、発信を続けてきてよかったな~と思っています。

基礎講座では、いつものやり方と和もみ®との違いを感じていただきました。

「実際に体感してみて、本当にこんなに ほんの少しの圧でいいんだ!ってびっくりしました」

「やってる自分の手が ぽかぽかしてきて心地良い温かさでした」

そんな声が^^

セラピストが身体がつらくて悩んでいるのを、早くどうにかしたい!

講座をやる度にこの想いが強くなります。

どうしてこんなつらいことや意味のないことを教えるのか・・不思議でなりません。

もっといい方法があるのにな~

関連記事

  1. セラピストさん、ひとりで悩んでないで!

  2. 今すぐできる!施術が上手くなる方法♪3つのポイント

  3. セラピストのイメージは?治療家とは違います!

  4. 私の講座に来なくても、私のようになる方法

  5. マッサージで「力加減が絶妙で、全て気持ちよかった!」ともらう…

  6. せっかちなお客様を喜ばせる方法