セラピストの感覚を磨く練習♪1センチ先を意識

和もみ®セラピストの万里です。

2022年はじまりましたね^^

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年から東洋医学(陰陽五行とか、気血水とか)を改めて学んでいて、この世界の不思議と奥深さを楽しんでいます。

今、読んでいる本にこんなことが書かれていました。

『行動に移すこと』

人間のエネルギーレベルを上げるために大切なことは「行動に移す」ということです。
ただ、頭で考えているだけでは、エネルギーは流れないのです。
「行動に移したり、表現したりする」と肉体にあるエネルギーが流れ出します。そうすると、大本の宇宙から無限エネルギーが補給されるのです。
流せば流すだけ新たなるエネルギーが入るのが宇宙法則なのです。

マワリテメクル小宇宙 岡部賢二著

宇宙からエネルギーが来ているのかどうかは分かりませんが、確かに行動すると何かが起こりますよね。

思っていること、考えていることを言葉にするだけでも、夢の実現に向けて進むことができます。

私がサロンをオープンしようと思ったときも、セラピスト講座をはじめようと思ったときも、うじうじ悩んでいるときは全く進めないけど、

「こんなことやりたいんだよね~」って、まわりに話したとたんに色んな事が動きはじめたのです。

思っているだけじゃダメで、『行動に移すこと』なんですね。

目に見えないものばかり意識が向いてしまうのは、私は好きではないですが・・

見えないものも、見えないだけで存在するんですよね。

宇宙からのエネルギー、せっかくあるなら上手く使っていきましょう♪

セラピストの感覚を磨く練習をしよう

さて。今日は、
セラピストが、見えない身体の中を感じるための練習方法を1つ紹介します。

コリや張りを探す練習はあるの?

コリや張りが分からない、ポイントが捉えられない・・そんなセラピストさんのヒントになったら嬉しいです。

こちらでも練習方法を書きました。

■和もみ®で伝えたいこと~セラピストさんの感想~

年末年始、たくさんのメールをいただきありがとうございます。

その中でも、お久しぶりの方からのメールが、すごく嬉しかったので紹介しますね。

万里さん
2022年ですね、おめでとうございます。

万里さんに出会ってから1年経っちゃいました。早いです!
直接では3、4回しかお会いできてないですけどね。

もみほぐし業一旦やめて、介護・認知症改善を勉強しています。

違う職種ではあるけれど、
・人に接する
・人と向き合う
・自分と向き合う
・双方で課題を見つけ解決する
・食を意識する
・生活環境かえる
と、共通するものあります。

万里さんの心のありかたは、私の根っこに息づいていて、今の私を支えています!

目に見えないものに大切なことがある。
イメージもとても重要。
1センチ先意識する。

とにかく、楽しかったです。

この1年もパワフルでワクワクな、万里さんとマサさんを応援してます!
もちろん、私もワクワクで^^

Nさんより

Nさん、ありがとうございます!もう1年なのですね。

『万里さんの心のありかたは、私の根っこに息づいていて、今の私を支えています!』

なんと!嬉しい言葉をありがとうございます!!

職種は違っても役立ててくださっているのは、本当に本当に!嬉しいです!

私が、和もみ®で伝えたいことは、そういうことなので^^

■1センチ先を意識する練習

Nさんのメールにありました『1センチ先を意識する』

どう言うことかといいますと・・

例えば、母指で圧を入れるとき、この2つを意識してやってみてください。

A:自分の親指の感覚に意識を向けて圧を入れる
B:自分の親指の1センチ先に意識を向けて圧を入れる

自分の身体にやってみてもいいですし、誰かにやってみてもいいです。

AとBとで、どんな違いがありましたか?

圧を入れた自分の指が感じる感覚には、どんな違いがありましたか?

圧を入れられた身体の感覚には、どんな違いがありましたか?

1センチ先を意識すると、自分の感覚だけじゃなく、触れた身体の感覚もキャッチすることができます。

圧の入り方も、受けた感覚も違うと思いますので、やってみてくださいね。

Nさんも、セラピスト講座のとき、感覚の違いを楽しんでいました^^

■セラピストは身体の中は見れないから

私がセラピストの仕事を始めたとき、触れている身体の中がどうなっているのか知りたくて、身体の中が見てみたい!

そう思っていました。

色んな本で図や写真を見るけど、質感や感触までは分からない。

日本では、なかなか一般の人が解剖の勉強に参加できないですからね・・

身体の中を開けて見れないなら、イメージする想像するしかない!

身体の構造や状態を感じられるように、自分の感覚を磨くしかない!

先ほどの、1センチ先を意識して練習すると感覚が磨かれていきます。

コリや張りが分からない、ポイントが捉えられない・・そんな悩みもなくなっていきますよ。

これができたら次の練習は、

  • どの深さに圧を届けるのか?
  • コリや張りに対して、どれくらいの刺激をするのか?

ほぐれるための具体的なアプローチを考えていきます。

ちょくちょく書いていますが、セラピストの仕事は施術をすることではありません。

指が痛い、腰がつらい・・

施術の手技が上手く出来ない・・

ポイントが捉えられない・・

そんな状態は卒業して、早くセラピストとしての仕事を。

1センチ先を意識して練習を取り入れて、お客様一人ひとりの身体の状態に、合わせたアプローチ(施術やカウンセリング)ができるようになりましょう!

セラピストさん!応援しています。

関連記事

  1. 布団やホテルベッドでの施術のやり方【腰が痛くならない方法】

  2. セラピストが悩むこと、、何が正解なの?

  3. セラピストの将来性【10年後になくなる仕事かも!?】

  4. どんなセラピストになりたいの?【長く続けるために】

  5. セラピストが練習して上達するには【注意すべき3つ】

  6. 【施術で指が痛くならない方法】圧の入れ方を見直す