意識を1センチ変えるだけで!?

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

強もみでセラピストが身体を壊すことなく、お客様から指名を増やす方法をお伝えしています。

先日、長野からセラピストさんが施術を受けに来てくれました。

「強くなくても、こんなに気持ちいいんですね!」

施術が終わってから、そんな感想をいただきました。

和もみは、ただの弱もみではないですからね。

その気持ち良さを感じていただけてよかったです^^

和もみのことは、YouTubeで見つけてくれたとのこと。

動画を見て、指の当て方とか真似してやってみて、実際に受けたらどんな感じなのか?知りたくて来ました。

そう言っていました。

色々とお話しさせていただいたので、何かお役に立てていると嬉しいな^^

Tさん、遠くから来てくださってありがとうございました!!

さて今日は、意識の違いで施術が変わる!?そんなお話しです。

あなたの、お仕事のヒントにしていただけらた嬉しいです^^

これは、和もみグループ講座でもお伝えしたもので、早速嬉しい報告が届いています。

=====

おはようございます。

Kです^^

今まで自分の指の感覚を頼りにしていましたが

マリさんがおっしゃられた、お客様の体を感じながら、1センチ先を意識するようにしたら、100%ではないですが、

今までよりしっかり深く入っていく感覚があります!

おぉ~凄いっ!と思いながら施術しています^^

Kさんより

===

Kさん、その感覚をつかむめていることが素晴らしいです!

Kさんは、何をしたのかと言うと、

「今まで自分の指の感覚を頼りにしていました」

けど、講座で学んだ、

「お客様の体を感じながら、1センチ先を意識する」

ようにしたら、

「今までよりしっかり深く入っていく感覚があります!」

力を入れていたときと、感覚が変わったようですね。

どうやったらいいのか、整理しますね。

自分の指の感覚ではなく、お客様の身体を感じながら、自分の指の1センチ先を意識して押してみてください。

Kさんも、実感されたように、しっかり深く入っていくのが分かると思います。

力を入れて深く入れるのと、感覚の違いを比べてみてくださいね。

それから、お客様は一人ひとり違うので、100%を目指してできない自分を責めないでくださいね。

一つ一つ実践してみて、出来ることを増やしていきましょう!

セラピストを長く続ける秘訣のまず一歩は、施術をしても指や身体に負担がないことです。

指の当て方や身体の使い方、そして、Kさんも体感してくれた意識を1センチ変える。

それだけで、自分も楽だし、お客様の反応もガラッと変わりますよ。

お勤めサロンの研修だけでは、お客様に満足してもらうことは正直言って難しいです。

だって、早くお客様に入ってもらうための研修だから。

それから、強く揉む強く押せるための指導だから。

施術は、手順が分かったら後は、お客様を施術しながら慣れていって。

指は鍛えてね。痛くなったら湿布か痛み止め。

そんな風に言わているセラピストさん、多いんじゃないかな?

強もみしないってどういうこと?

指や身体に負担がない施術ってどうやるの?

お客様からの指名を増やすにはどうしたらいいの?

そんなお悩みを解消して、和もみの一部が学べるグループ講座をしようかと思っているのですが、興味ある人いますか?

5月に東京、6月に大阪でも出来たら、と考えています。

「和もみ興味ある!」「話し聞いてみたい!」そんな方は、メルマガを登録しておいてくださいね。

大変な状況ですが、お互い頑張りましょうね^^

【最後にお知らせです♪】

あなたも、今の手技を見直して自信をつけませんか?

https://aromare.jp/minaoshi

個別レッスン、ワクが少しできましたので受け付けています。

5回連続もいいし、まずは目の前の悩みを解決したいなら、単発でも。

お客様から「気持ち良かった!また次もお願いね!」もっともっと、そう言ってもらえますよ^^

●まずは、無料メルマガで和もみを学んでみませんか?

強もみしないでセラピストを長く続ける秘訣を公開!メルマガ配信中

https://aromare.jp/tsuyomomishinai

関連記事

  1. とにかく行動してみることにしました!

  2. 強もみをしない「和もみ」は、弱揉みでもない!

  3. 指名のお客様に、和もみで施術してみたら・・褒めてもらえました…

  4. 基本に戻って「コリ」について考えてみよう!

  5. セラピストとしてのあなたの価値を高めるには

  6. 新人セラピストなのに、強押しせずにベテランと間違われた!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。