強押し希望のお客様への対応はどうしてる?

和もみ®(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
強押し希望のお客様を施術をするときの対応、どうしてる?そんな話です。

強押しするけどお客様の反応がイマイチ…そんな時の対応ってどうしたら良いのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

強押し希望のお客様への対応はどうしてる?

先日、和もみ®を学んでいるセラピストさんから、こんな嬉しい報告が届きました。

おはようございます!
和もみでお客様が良い感じだったご報告です^^

(中略)

強圧希望欄にチェックが入っていましたが、もっと強く!と言われない限りは、和もみでトライしてみようと決めて施術しました。

背中は肺裏あたりが物凄く盛り上がっていて、力もぎゅっと入っていました。

少し押した後、圧は感じていますか?と聞いたら
「感じませんね、、」

と、おっしゃっていたのですが、もう少し様子を見ようと思い、強もみにはせず
「そうですよねー、硬いので鈍くなっているんですねー」

と、伝えそれ以上は話さずマッサージを続けました。

そうしたら、段々ゆるみ、ふぅーーーっとお客様が自分で呼吸を深くして脱力し、背中にゆとりが出来て、ゆるゆるしていました^^

60分もみほぐし・60分オイルが終わった後、「肩らく~」と独り言のようにポロッとおっしゃっていました!

「背中ゆるみましたよ~」とお伝えしたら

「自分でもわかるくらい緩んでます、、、!」
と、おっしゃっていました^^

Kさんより

いつもは他の店舗に通っていて、5日に一度くらいのペースで通われているお客様だそうです。

強押し希望とのことなので、きっと他の店舗では、強くしてもらっているのでしょう。

そのお客様に、『和もみ®でトライしてみよう』と。

なかなか、勇気のいる対応ですよね!

でも、お客様が喜んでくれたようで良かったですね^^

甘手についても書きました♪

■強押しに慣れた身体に対応した施術

Kさんは、お客様に「感じませんね、、」と言われても、

「そうですよねー、硬いので鈍くなっているんですねー」と身体の状態を伝えていますね。

つい、お客様の反応に合わせてしまいがちですが、Kさんがしていたのは、

  • 身体の状態に合わせた施術

強押しすることもできるけど、本当にお客様の身体のことを考えてあえて。

強押しすれば、『揉んでもらった!』感じはするでしょうが、『ゆるんだ』感じにはなりません。

カチカチパンパンに硬いところこそ、感覚が鈍くなっているところこそ、その状態に対応し

和もみ®でやってみてほしい!!

だって、強押しより和もみ®の方が緩むから。

自分の身体も、お客様の身体も壊してしまう強押しは、もう辞めませんか?

スキルアップ講座や個別レッスンでは、和もみ®をどうやって今の手技に取り入れていったらいいのか?

実践練習をしながら学んでいきます。

和もみ®を取り入れて、お客様に『ゆるんだ』感じを味わってもらいましょう!

お互いがやさしい気持ちになれたらいいですよね^^

■新潟からのセラピストさん

今週は、初めましてのセラピストさんが2名来てくれました。

お一人は、なんと!新潟から!

  • はじめはもうちょっと押してほしいかも・・と思っていたけど、だんだんと自分の身体の感覚が変わっていくのが分かった。
  • ほぐれてくるとちゃんと伝わってくる
  • 力が抜けていくのが分かる、受けている途中から呼吸がしやすくなった
  • 歩幅を合わせてくれている感じ
  • 身体の芯がポカポカしている
  • 万里さんが言っていた、コリがつぶれるじゃなくて、『ふっくら』が分かりました!

和もみ®のほぐれる感覚を感じていただけて良かった^^

セラピストも自分の身体のメンテナンスは大切ですね。

関連記事

  1. 和もみは、やわやわ~じゃないよ!セラピストが使える技術です

  2. 凝りがほぐれるイメージと仕組み♪ベッドに押し付けるだけじゃな…

  3. アドバイスは私に当てはまることばかり・・

  4. コリのほぐし方【その場しのぎでなく、5年後10年後を考える】…

  5. 他のマッサージと和もみには、こんな違いがある

  6. リラクゼーション業界問題の根深さ…強もみで身体を壊す