甘手だから指圧が苦手…圧が入らないはウソ!

和もみ®セラピストの万里です。

さて。今日は、
『甘手だと圧が入らないはウソ!』と言う話しをしたいと思います。

甘手だから指圧が苦手…甘手だと圧を入れれないって本当ですか?

セラピストを長く続けたいので、どうやったら甘手でも苦手な指圧を克服できるかを知りたいです。

このような疑問にお答えします。

甘手だから指圧が苦手…圧が入らないはウソ!

この記事を書いている私は、強もみができない、指が痛いセラピストさん向けの講座をはじめて5年、300人以上の手技の見直しをしてきました。

このような経験を基に、甘手での指圧について書きます。

□甘手セラピストさんの悩み

先日、メール講座に登録してくださったセラピストから、こんなメッセージが届きました。

セラピスト歴2年目なのですが、甘手で強い圧を入れることが出来なく強圧希望のお客様を満足させる事出来ません。

指の関節が曲がって反る人は「甘手型」(あまてがた)
逆に曲がらず反らない人は「苦手型」(にがてがた)と言うようですね。

指が反るから、強い指圧が入らないとか、

指が反らないから、鋭い指圧になるとか・・

言われているようですが、

全く関係ないですよ!!

ちなみに私は、全く反りませんが、だからと言って鋭い圧にはならないですよ。

あなたのそのままの指のカタチで、気持ちいい圧を入れることは可能です。

指のカタチだけでなく、

手が大きいからとか、小さいからとか・・

背が大きいからとか、小さいからとか・・

そんなことも、全く関係ないですよ!

指のカタチや手の大きさ体型で向き不向きはなく、

どんな指でも、お客様に「あ~気持ちいい~」と思ってもらえる施術ができますよ!

無理して痛めないでくださいね><

~無料で学べる!10日間メール講座~
こちらで質問できます^^

□現場は甘手で指圧をする方法を知らない?

それにしても・・

甘手の人に合った方法を教えてくれたらいいですよね?

甘手でも指圧が入れられる方法を教えてくれたらいいですよね?

もし、現場で教えてもらえてないのだとしたら・・

指に合った手の使い方や、身体の使い方や、圧の入れ方を知らないのかも。

親指の根元の関節を突き出して、親指を反らせて、肘を伸ばして・・

誰にでも同じやり方を教えていたら、それで上手くいく人と上手くいかない人が出るのは当然ですよね?

教える人も、自分が教えられたことを教えていることが多いので、色んなやり方があることを知らないのでしょうね・・

だから、上手く出来ないことを、あなたの身体のせいのように言うのかも。

基礎講座の動画では、手や身体の使い方、圧の入れ方の基本が学べます。

今の手技にどう応用したらいいのか?については、個別レッスンやスキルアップ講座でお伝えしています。

自分を責めないでね><

□甘手でも指圧は入ります

この前のブログでこんなことを書きました。

強く押しているのに、全体重をかけているのに、「もっと強く」と言われてしまう・・

そんな場合、考えられることはこの3つです。

  1. お客様の身体をベッドに押し付けてしまっていて、身体の中に圧が入っていない
  2. セラピストの身体に無駄な力が入っていて、思っているほど体重圧が乗っていない
  3. お客様の「そう!そこそこ!」のポイントを捉えられていない

『甘手で強い圧が入れられない』場合は、『1と2』です。

実は、1と2はほとんどの場合、同時に起きています。

指のカタチは関係なく、お客様の身体の中に圧を入れることができればいいのです。

自分の身体に力を入れるのではなく、お客様の身体に自分の重さを乗せていけば圧は入っていきます。

私は、『押す』ではなく『入れさせていただく』そんなイメージでお客様の身体に触れています。

強さではなく、気持ちいい指圧です。

力が入ってしまう場合は、施術が共同作業だと意識するといいですよ^^

□そもそもお客様の満足ってなに?

ここで、そもそもの話しをさせてください。

お客様に「気持ち良かった~」と言ってもらうことを目指してないですか?

それでお客様の身体は、ほぐれるのでしょうか?

強圧希望のお客様に、強く押すことがセラピストの仕事なのでしょうか?

「強く」と言われて、強くするだけなら、マッサージチェアと変わらないですね・・

和もみが考えるリラクゼーションとは?

『自分の身体と向き合う余白の時間』を提供していると考えます。

強もみが良くないと言っていますが、ただ弱くすることを教えているのではありません。

やさしいい圧を物足りないのを、お客様に我慢してもらうものでもありません。

お客様が自分の身体と、もっと仲良くなるための手助けをするのが、和もみが考えるセラピストの仕事です。

あなたは、お客様に何を提供していますか?

□おわりに:内海先生の新しい本

内海先生の新しい本が出ました!

医原病や薬害について啓蒙し続けている、日本一有名な医者による
新型コロナウイルスと新型コロナワクチンの詳細な解説書。

コロナ騒ぎへの違和感、ワクチンへ期待と不信感・・

なかなか先が見えない不安な状況が続いていますね。

ウイルスと言うものがどんなものなのか?

人の免疫システムってどうなっているのか?

ワクチンを打つと身体の中で何が起こるのか?

お客様の健康を考えるセラピストとしては、読んでおくことをお勧めします!

『強もみ』のように、本当は身体に良くない間違ったことを知らずにやってしまう・・

そんなことにならないためにね!

関連記事

  1. 圧の深さは、皮膚脂肪をとばして1~5ミリ

  2. 指名のお客様に、和もみで施術してみたら・・褒めてもらえました…

  3. 強もみのお店で働いていたMさんが2年半ぶりに講座へ♪嬉しすぎ…

  4. 雇われセラピスト時代は相談できなく、できない自分がイヤでした…

  5. ちょっと心の痛むことがありました

  6. 新人セラピストなのに、強押しせずにベテランと間違われた!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。