もみほぐしもオイルマッサージの違いはないよ

和もみ®(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
ほぐしもオイルも基本は同じだよ。という話です。

もみほぐしをしているけどオイルマッサージも学びたい…学ぶ時に違いとかあるのかな?

このような疑問をお持ちのセラピストさんへ。

もみほぐしもオイルマッサージの違いはないよ

目白サロンでは、毎月お客様に合わせた施術ができるようになるための、実践的な練習会をしています。

先日、参加してくれたセラピストさんから、届いたメッセージです。

こんにちは!
実践練習会ではありがとうございました。
初で緊張しましたが行って良かったです。

ほぐしの練習で、モデルで背中を少し施術していただきましたが、最近起きた時背中が硬くガチガチなのですが今朝はほわんとしていました。

少し触ってもらっただけなのに、ビックリです。
和もみすごいですね。。

オイルマッサージでもこんなにほぐれるのでしょうか。。

色々と勉強になることばかりでしたが、
特に骨盤の位置の確認で、手を柔らかくする事を教えていただきとても勉強になりました!

自分の手が硬いとお客さまも硬くなってしまうアドバイスもなるほどでした!
これからお客さまの身体を触るとき気をつけていきたいと思いました。

またよろしくお願いします。

Kさんより

初めての実践練習会へのご参加、ありがとうございました!

実際に体感していただき、ほわんと緩んだ感覚が感じられてよかったです。

オイルマッサージでもほぐれますよ^^

実践練習会では、お客様に合わせた対応の幅を広げていく練習をしています。

どんな時にどうしたらいいのか?たくさん手段を持っていたら、焦らずに対応ができますよね。

お客様の要望も好みも、身体の状態もそれぞれみんな違うのに、

マニュアル通り、みんなに同じようにやっていては、良い変化は起こせませんからね。

また、練習しましょう♪

■ほぐしもオイルも基本は同じ

ほぐしの手技とオイルの手技、見た目も手の動きも違うので、『別もの』と考えているセラピストさんも多いようですが、基本は同じなのです。

この『同じ』が分かると、どちらの手技も、もっともっと気持ち良くなると思うのですよね。

何が同じかというと、圧の入れ方です。

ほぐしもオイルも、基本の圧の方向は『垂直圧』。

どちらも同じです。

オイルマッサージって、流していく手技だから『垂直圧』ってどういうこと?

そう思ったなら・・

詳しく説明しているので、和もみ®の基礎講座を受けてほしいところですが^^

ココでも、もう少し説明しますね。

オイルの手の動きは、流れるように動いていますが、手の動きと圧の方向は別。

手が動く方に、圧を入れてはダメです!

これをすると、指や手が痛くなったり、圧が上手く入らなかったり、ほぐれなかったりするのです。

圧の方向ともう一つは、『深さ』です。

ほぐすしても、流すにしても、どの『深さ』にそれをするのか?

この基本の圧の考え方も同じです。

つまり・・ほぐしたいとこと、流したいところに触れてから、ほぐすための手の動き、流すための手の動きをしないと、ほぐすことも流すこともできないのです。

伝わってます??

文章で伝えるのって、難しいですね。

『垂直圧』と『深さ』これは、ほぐしもオイルも同じなので、意識してみてください。

どちらの手技も一緒に見直してみると、どちらももっともっと気持ち良い手技になりますよ♪

■人気のお店でもみほぐしを受けてみて

年末に都内の人気のリラクゼーション店で施術を受けてきました。

受けたのは、ほぐし80分8800円。

対応も丁寧で、身体のことも聞かれながら、圧加減も調整してくれて、ポイントも外さずに気持ちよかったです。

ただ、私の身体を『肉』として触られている感じがすごくしたんですよね。

ココが固いから、押してつぶして・・
ココが張っているから、捏ねてやわらかくして・・

私の身体は見てくれているのかもしれないけど、私の気持ちはおいてけぼりな感じ。

とても印象的だったのが、「圧、足りていますか?」と3回くらい確認されたこと。

きっと、いつもは、もっとガシガシ揉んでいるのでしょうね・・^^;

関連記事

  1. セラピストが自信を持てないのは教え方に問題がある

  2. セラピストに大事な3つのバランス!迷った時に思い出して

  3. 疑問、おめでとう!!

  4. サロン勤めだからできるセラピストの独立の準備

  5. 【セラピストの質問】強もみせずに、あれくらいの圧で効くんです…

  6. せっかちなお客様を喜ばせる方法