セラピストさん!あなたの想い、お客様に伝わっている?

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
セラピストさん!あなたの想い、お客様に伝わっている?そんな話です。

お客様の反応がイマイチ良くない…こちらの想いをお客様に伝えるのはどうしたらいいのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

セラピストさん!あなたの想いお客様に伝わっている?

少し前のブログで、皆さんに教えてほしくて、こちらの質問をしました。

  1. 皆さんは、お客様に合わせて、施術をアレンジしたり調整したりしていますか?
  2. お客様の何に対して、どうアレンジしたり調整したりしていますか?
  3. お客様に合わせられなくて、困っていることはありますか?

そうしましたら、20名以上のセラピストさんからお返事をいただいています。

皆さん、詳しく書いてくださっていて、本当にありがとうございます!

皆さんのメールを読んでいて、ふと思ったことがあります。

それは、『お客様に伝わっているのかな?』と言うこと。

身体の状況に合わせてアレンジ、調整をしていることが、お客様にちゃんと伝わってるといいのですが・・

どうですか?

なんで、私がそう思ったのかと言うと、こんな経験があるからなのです。

■セラピストの思いが全く伝わっていなかった

むかし。夫をマッサージしていたときのこと、

「ああ~そこ!そこなんだよね~」と言うので、そのポイントを少しほぐして

そのまわりもほぐして、またそのポイントに戻ると

「ああ~そこ!」

また、まわりをほぐして、そのポイントに戻ると

「ああ~そこ!そこなんだよね~」

最初とどう?って聞いたら・・

「楽になった」とのこと。

よかった~^^と思っていたら、衝撃の一言が!

「そこ!って分かってるの?
分かっているのに、何でズレていくの?違うとこともやるの?」

もちろん!分かってやっていますよ。

そのポイントがほぐれるように、まわりもほぐしていたんですよ!

どうしたらほぐれるかな?気持ちいいかな?

そう考えてやっていたのですが・・

全く、伝わっていなかった。。もう!!

そんなことがあったので、身体の状況や、手技の目的、そして身体の変化を伝えるようにしています。

「ここ固いですね~、こっちはどうですか?」

「ここがほぐれるように、まわりもほぐしていきますね」

「少しほぐれてきましたね~感覚どうですか?」

こんな感じで。

身体の状況に合わせてアレンジ、調整をしているのに、お客様に伝わってなかったら悲しいですからね・・

お客様にも意識して、言葉にして伝えるようにしています。

セラピストの想いは、お客様にも伝わっているはず…とは限りません。

ですので、ちゃんと言葉にして伝えてあげるようにすると良いですよ。

施術はセラピストとお客様との共同作業ですからね。

■現役セラピストさん参加のオンライン質問会

今週は、火曜日の夜に『セラピストさん応援企画!オンライン質問会』を開催しました。

7名のセラピストさんが参加してくれました!

はじめましての方とも、お話しできてとても嬉しかったです^^

ありがとうございました!

質問会では、こんな質問がありました。

・施術の時間配分のタイムスケジュールについて
・カウンセリングについて、もっと何かできることがないか
・ほぐれているのかどうかの判断が難しい
・強もみのお客様に、和もみのことをどう伝えたらいいか
・お客様が本当に求めているものは何か

「こんな状況のときはどうしたらいいの?」私に聞いてみたいはもちろん、
「他のセラピストさんはどうしているの?」が聞けるのもいいですよ。

次回の『セラピストさん応援企画!オンライン質問会』は、

・12月22日(金)14時~15時半
午後の時間帯にしてみます。

参加費はかかりませんので、気軽にご参加くださいね^^

予定しておいていただけたら嬉しいです♪

関連記事

  1. セラピストの一言で効果も変わる!接客と会話について

  2. セラピストが悩むこと、、何が正解なの?

  3. セラピストの将来性【10年後になくなる仕事かも!?】

  4. 力加減が怖くて聞けない・・

  5. セラピストが自信を持てないのは教え方に問題がある

  6. 自信あるセラピストになるには【今からすぐにできること】