強もみ、悪くなるとわかってるのにやるの!?【やらないための方法】

和もみ®セラピストの万里です。

今日は、強もみに関する違和感や疑問について。

強もみって状態が悪くなるとわかっているのにやる人がいる…できれば、強もみをやらないようにしたい。

強もみの現場にいると、そんな違和感や疑問に慣れてしまいそうで怖い。

このような疑問や悩みをお持ちのセラピストさんへ。

強もみで悪くなるとわかってるのにやるのはなぜ?

この記事を書いている私は、強もみができない、指が痛いセラピストさん向けの講座をはじめて5年、400人以上の手技の見直しをしてきました。

このような経験を基に、強もみが悪くなるのにやる理由についてと、やらない方法について書きます。

■強もみ現場で悩みを抱えているセラピストさん

まずは、先日いただいたメール。

和もみメール講座10回
ありがとうございました!

これまでの講座の内容の中にはまさしく私が経験してきた事があったので、その時の私の中の何か腑に落ちない感覚は間違っていなかったんだな、と嬉しくなりました。

和もみというものがある、という事が本当に嬉しかったですし、出会えた(見つけた)自分を褒めてあげたくなりました笑!

今の私は金銭的にも場所的にも個別は難しそうなのですが、動画を申込みさせて頂こうと思っています。

腰も指も痛め、施術にも会話にも自信なく、「好き」と「実力」の差にモヤモヤしていたのですが、多少でも習得出来たらもっと続けられるのでは?と希望が持てる様になりました。

今は自信が無さすぎて「指名」される事が苦痛です。

でも和もみに出会った今、とてもワクワクしています^^
ありがとうございました!

Uさんより

和もみ®を見つけてくださって、とても嬉しいです^^

『希望が持てる様になった』とのこと・・伝え続けてきて、良かったです!!

Uさんがお申込みをしてくださった動画とはこちらのことです。

・動画で学べる!和もみ理論基礎講座(約2時間)
~強もみしないでほぐす方法・身体の使い方・圧の入れ方偏~
https://aromare.jp/course/seminar3-1/

楽しみながら、取り入れていってくださいね。

■Uさんの悩み…悪くなるとわかってるのにやるの!?

メールをくださったUさん。

自分の指や手首、腰を痛めた時に先輩に相談したら、こんな返事が返ってきたそうです。

「それを乗り越えないとね!」

強もみ希望のお客様への対応方法を相談したときは、

「本当は強もみすると、余計に凝るけど要望だから仕方ないよね。」

Uさんの心の中は、『え、状態が悪くなるとわかってるのにやるの!?』と、不安になったそうです。

そのやり方で指名をもらえても苦痛よね・・

この違和感や疑問って、新米セラピストさんの方が素直に感じていると思います。

先輩たちは、折り合いをつけてしまっている方がほとんどのようです・・悲しいですが・・

お客様のことを、本当に考えているセラピストさんが、身体を壊さず、お客様に喜ばれながら、長く活躍できるように

和もみ®ではサポートしています。

だって、身体に悪いことをやって、お客様からは「ありがとう!」と言われてお金を頂く・・

セラピストの仕事ってそういうものだっけ??

■強もみで悪くなることを知らないお客様の本心は?

無知な強もみで悪くなることを知らないお客さんが多いのもありますが、お客さも希望にこたえてあげたいという気持ちもわかります。

そこで知るべきは、お客様の心理。

「もっと強く」と言うお客様って、求めているものは、実は『強さ』ではないことがけっこうあります。

心理としては、

  1. 効いている感じがしないから
  2. 痛いくらいが効くと思っているから
  3. この辛さから一刻も早く逃れたい

だから「もっと強く」と言っているのです。

『1』の場合は、施術を見直ししてみましょう!

「もっと強く」と言われた理由が、自分の手技が未熟なせいなのか、お客様の身体の感覚が鈍くなっているせいなのか、見極められないといけませんよね。

施術の見直しをしていると、出来ている『つもり』になっていることが多いです。

例えば、垂直圧のつもりが斜めにズレていたり、押そうとしているところと違うところを押していたり。

どこに、どれくらいの圧が必要なのかもわからずに、当てずっぽうで施術をしていませんか?

『2』については、カウンセリングやコミュニケーションなど会話の技術を磨くことです。

ガチガチで鈍くなっている場合は、身体と一緒に気持ちもほぐすしていくと、強くしなくても気持ち良さを感じるようになっていきます。

『3』については、セラピストのあり方が問われるところです。

「もっと強く」と言うお客様と、自分はどう向き合うのか?

Uさんの先輩たちのように、言われるままに強もみをして悪くなるようなことをするのか?

技術と知識と会話の技術を磨き、心から良いと思えることを提案するのか?

あなたは、どうしますか?

■おわりに:私が独立してやって良かったこと

昨日の夜は、お世話になっている奥武志さんのオンラインミーティングに参加しました。

サロン開業当初やったことで上手くいったことは?そんな質問がありました。

私の場合は、アメブロを書くとか、チラシのポスティングとか

それなりに効果があったのですが、なんと言っても一番やっていたのは・・

『飲み歩いていました!』

意外な答えだったのか、奥さんも驚いていましたが、このときの経験が今も支えになっています。

内容を見てびっくり!奥さん太っ腹すぎます><

サロンオーナーさんや、これから独立を考えている方は、絶対に聞いておいた方がいいですよ!

話を戻しまして・・

お酒を飲むのは好きですが、ただ飲み歩いていたのではなく、知り合いを増やしていたんです^^

個人でやっている飲食店、居酒屋、スナック?に行って、お店の人に覚えてもらって、お店にいるお客さんと話をして

「あ、おかえり~もう仕事終わり~?」そんな風に言ってもらえるような。

そこで仲良くなったお姉さんが、知っているお店に連れて行ってくれて、さらに知り合いが増えていきました。

実際にお客様としてサロンに来て、通ってくれた人もいたし。

サロンのブラインドを探してて・・と言ったら、その人が内装会社にお勤めだったこともありました。

次の日カタログ持って来てくれて、だいぶ安くしてくれたんじゃなかったかな~

311の地震のときも夜「一人だったらおいで。みんないるから」って・・

経営の方は、まだまだだったけど、一人じゃないと思えることが、本当に支えでした。

SNSやWeb集客もいいですが、リアルの繋がりも大切!

昨日のミーティングで、久しぶりに約15年前の開業当初を思い出すことができました。

若かったな~30歳の私w

関連記事

  1. 強もみはメリットあるの?【身体にはイジメみたい】

  2. 強もみしない効果

  3. 強もみに慣れてしまった方でも、ちゃんと押されている感じがする…

  4. 「強く揉まない」と言っても、弱くて物足りないマッサージとは違…

  5. 強もみを辞めるとセラピストの体調不良が改善する!

  6. 強く押してもほぐれませんよ!