セラピストの指が痛くなるのは当たり前?それって違いますよ!

和もみ®セラピストの万里です。

さて。今日は、
指が痛くなるのは色々間違っているから。考え方から見直そう!と言う話です。

先輩からセラピストは指が痛くなるのは当然と言われたけど、指が痛くなるのが当たり前なのだろうか?

指が痛くて施術をするのがつらい…

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

セラピストの指が痛くなるのは間違っている!そんな話です。

セラピストの指が痛くなるのは当たり前?いいえ違います!

この記事を書いている私は、強もみができない、指が痛いセラピストさん向けの講座をはじめて5年、300人以上の手技の見直しをしてきました。

このような経験を基に、セラピストの指が痛くなるについて書きます。

よくリラクゼーションの現場で言われること、

セラピストの指が痛くなる、身体が辛くなるのは当たり前。

チカラがないから、背が低いから、指のカタチがこうだから・・

これ、私からしたら、

それと施術の上手下手は関係ありません。

ほぐせるほぐせないにも関係ありません。

それから、セラピストさんのお悩みを聞いていると、こんな風にも言われているようですね。

指は鍛えないと押せないよ。

肘はしっかりと伸ばして。

足はしっかりと踏ん張って。

ベッドに乗れば圧が入る。

これらも、私からしたら、何でそんなことするの?と疑問しかありません。

だって、そんなことしたら、もっと圧は入らないし、指や身体がつらいだけだから。

■セラピストの指が痛くなるのはなぜ?

セラピストの指が痛くなるのも、腰がつらくなるのも、身体のどこかがしんどくなるのも、そんな間違った考えで施術をしているからです。

そして、そんな風に施術をしてきた先輩から教えられるから。

連鎖は続いていきます・・

和もみ®は、そんなリラクゼーション業界の、新しい選択肢になりたくて作りました。

強もみだけじゃない色んな施術が受けられた方が、業界自体ももっともっと盛り上がるし。

働くセラピストも、お客様も、自分に合ったお店を選ぶことができた方がいいと思うんですよね。

その方が楽しそうじゃないですか?

話は戻りまして・・

今、指が痛くて悩んでいるあなたも。

指が痛いのは当たり前だと折り合いをつけている先輩たちも。

こんな原因があるのでは?

  1. コリを潰そうとしているから
  2. お客様の身体をみれてないから
  3. 自分の身体を上手く使えていないから

このブログを読んでいる方は、現状に違和感や疑問を感じていると思います。

ですが、もしかしたら多くの施術者は考えたこともないのかも。

悲しいですが、そう思えてきます…

■セラピストの考え方から変えていこう!

なぜか、コリを潰そうとしますよね?

私も強もみのお店にいたときは、そう教えられて言われるままにやっていました。

でも、身体のことを知れば知るほど、違和感を感じるように・・

だって、潰れるってことは、細胞が潰れるってことでしょ?

筋肉や毛細血管や肌の細胞が・・潰れる・・

身体はどうなる??

視野を広く、色んな角度から見られているかどうかもあります。

例えば、

不調や症状の改善だけを考えているのか?

身体と心、過去や未来も考えているのか?

世の中への影響まで考えられているのか?

硬くなったコリ、その部分だけ見ていると・・強く押したくなるのかもしれませんね。

■そもそも何のために施術をしてる?

指が痛くなる原因として、この2つも重要です。

2.お客様の身体をみれてないから
3.自分の身体を上手く使えていないから

何のために施術をするのかをもう一度考えてみてくださいね。

『しっかり強く押す』これが目的じゃないですよね?

前回のスキルアップ講座でも少しやりましたが、

お客様の身体の状態をみれていないから、お客様の言いなりに強くしてしまって指が痛くなる。

身体の状態に合った圧加減、アプローチの方法が分からないために、チカラで押してしまう。

自分の身体を上手に使えてなければ、痛める原因にもなるし、

そもそも、自分の身体がそんな状態では、お客様の身体のことなんてもっと分からないですよね。

お客様の身体をみれるようになる

自分の身体を上手く使えるようになる

これ。とっても大事ですよ。

個別レッスンやスキルアップ講座では、こう言うこともお伝えしています。

新しい施術の方法を学ぶのもいいですが、その前にこの2つも見直ししてみましょう!

「気持ち良かった~」から「あなたに出会えてよかった!」

お客様から、そう言ってもらえるセラピストを目指しませんか?

■おわりに:仙台セラピスト講座を終えて

今週は、仙台で講座をしてきました。

しっかりと美味しいものもいただいてきましたよ^^

月曜日は、セラピスト基礎講座。
火曜日は、セラピストスキルアップ講座でした。

仙台だけでなく、福島や北海道からも来てくれた方、3年ぶりに来てくれた方も。

施術をしていると自分の方に力が入ってしまって、腰も痛いし頭痛も増えてきてつらい・・

万里さんの、セラピストのカラダを守る、お客様も自分にも良いって素敵!

と、和もみ®の考え方に共感して参加してくれました。

「グイグイ入ってくる感じじゃなくて、じんわりと来る感じが気持ちいいです!」

「硬かったところが、ふっくら緩む感じがわかりました!」

「こんなに一つ一つの手技をじっくり考えたことなかったです。こんなにも違うものなんですね!」

今までの施術との違い、考え方の違いに、衝撃を受けていただきました(笑)

ぜひ、楽しんでやってみてくださいね。

来てくださった皆さん、ありがとうございました!

また、お会いしましょう!

関連記事

  1. 【提案】マッサージで「もっと強く」と言われないために

  2. まわりがやっているからやるの?強もみの同調圧力に負けないで!…

  3. 【注意】強もみ、強いマッサージの危険性

  4. これを知らずにセラピストを続けていなくて良かった!

  5. 強もみは身体に悪い!セラピストさんからの生の声

  6. お客様へ「強もみ良くないよ」の伝え方ではダメ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。