あなたは大丈夫?セラピストの根本的な間違い

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。 

先週は、お客様が予約の一週間も早く来店。

焦りましたよ~~><

ちょうど空いていたので、準備をするための時間をいただき、1時間後に再度来店していただきました。

「あまりに予定のない日々で、日にちの感覚が狂いました」とのこと。

早く、穏やかな日々が戻りますように^^

さて、

休業していたサロンも徐々に再開しているようですね。

普段とは違う疲れを感じているお客様も多いと思います。

このタイミングで、和もみ理論を教えてあげたら喜ぶお客様が多いと思いますよ。

他のセラピストと差別化するなら、今がチャンスです!!

『リラクゼーションで働く施術者のほとんどが、指が痛くならない施術方法を知りません』

あなたも、こんなことを言われたことはありませんか?

「指が痛いのは当たり前だから」

「腰が痛くない施術者はいないよ」

「強くできないと満足してもらえないよ」

私の講座には、全国からセラピストさんが来ています。

働くお店もそれぞれ違います。

なのに同じように言われ、悩んでいる。

なぜなのでしょう?

きっと、言われた通りに受け取り、疑わないのでしょうね。

本当にそうなの?

他に方法はないの?

疑って調べて、和もみを見つけたあなたの感性は素晴らしい!!

その素晴らしい感性があれば、もっともっとお客様に喜ばれるセラピストになれますよ^^

「指が痛いのは当たり前だから」

「腰が痛くない施術者はいないよ」

「強くできないと満足してもらえないよ」

こう言われてしまう、決定的な理由があります。

それは、施術の目的とセラピストの仕事を、間違えて捉えているからです。

コリは揉めば柔らかくなる

コリが柔らかくなったら不調が良くなる

こう考えている施術者が多いように感じます。

根本的に、考え方が間違っているのです。

だから、リラクゼーションで働く施術者のほとんどが、指が痛くならない施術方法を知りません。

身体のことを知っていたら当然ですが、

不調が良くなるのは本人の治癒力の働きです。

そもそも、セラピストの仕事は、コリをほぐすことではありません。

じゃあ、お客様の不調を良くするために、セラピストにできることは何なのか?

どんな目的で、どんな施術をするのか?

どんな変化を起こしたらいいのか?

どうお客様と向き合ったらいいのか?

和もみ理論は、そこから考えていきますよ。

・セラピストの手や身体の負担なく、気持ちいい施術ができる!

和もみ理論~圧の入れ方・身体の使い方偏~

※6/17は、大阪で開催します。

セラピストを長く続けたいなら、根本から学んでしっかりとした土台を作りましょう!

【オンライン相談室】

Zoomを使って、30~40分ほど私と話ができます。

詳しい内容とお申込みはこちらから

https://aromare.jp/onlinesoudan

あなたの疑問をぶつけてくださいね。すべてお答えします!

今日も、お仕事楽しく頑張りましょうね♪

関連記事

  1. セラピストの指が痛いってことは、コリはほぐれてないんですよ!…

  2. サロン勤めだからできるセラピストの独立の準備

  3. 根っこと枝葉と

  4. うまくいくときばかりじゃないけど

  5. 本当に変わるんだ・・

  6. 私がお客様やセラピストさんに伝えていることは生き方です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。