セラピストさんが新しい手技を学ぶのもいいけど・・

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
セラピストさんが新しい手技を学ぶのもいいけど、その前に・・そんな話をしたいと思います。

手技に自信が持てないので新しく学ぼうか考えている…このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

セラピストさんが新しい手技を学ぶのもいいけど・・

先日の和もみ®セラピスト養成講座の個別レッスンで、オイルマッサージの下肢の手技の見直しをしました。

オイルマッサージの手技は、手の形や動き、手技の流れに囚われていて、もったいないな~と思うことが多い。

どこからスタートしてどこまで圧を入れるのか?

戻るときも圧を抜くのではなく、圧の深さをどう変えるのか?

なんとなくの手技ではダメです!

どの筋肉のどこにどれだけ圧を入れるのか?

筋肉か透けて見えるように、骨格模型と解剖図を見ながら確認していきます。

なぜ、そんなに細かく見直しするのかというと

『施術の効果を高めるためです』

お客様の身体がほぐれていくには、良くなっていくには、なんとなくの手技ではダメ。

お客様の体の状態を知るためにも、

身体に合わせてアレンジするためにも、

ほぐれたかどうかを把握するためにも、

なんとなくの手技ではダメなのです。

■セラピストが新しい手技を学ぶ前に

「肩まわりってどうやったらいいですか?」

「腰のほぐし方ってどうしたらいいですか?」

「どんな順番でやったらいいですか?」

こんな風に聞かれる度に、毎回もやっとします。。

セラピストさんが聞きたいこと、聞きたい気持ちは分かりますが・・大事なことはそこじゃないのよ。

ポイントを捉えられてる?

どこにアプローチするの?

身体の中がどうなっているか把握できてる?

新しい手技を学ぶのもいいけど、その前に今の手技を見直ししましょう!

強もみするにも、和もみ®をするにも、手技が何となくでは、お客様に喜んでいただくことはできませんからね・・

そして、セラピスト自身の指や手、身体がつらい状態では、お客様を癒すことはできないですよね・・

お客様のためにも、自分のためにも、今の手技を見直ししてみませんか?

まずは、こちらの基礎講座とスキルアップ講座から学んでみてくださいね^^

■名古屋セラピスト講座を終えて

先週は、名古屋へ行ってきました。

1日目は、和もみ®基礎講座
2日目は、スキルアップ講座と懇親会
3日目は、スキルアップ講座の3日間でした!

お会いできた皆さま、ありがとうございました!!

新しい方にもお会いできて、お久しぶりの方も参加してくれて、とても充実した時間を過ごせました。

名古屋へは、次は10月に行く予定をしています。

それまで、練習を頑張ってくださいね^^

セラピストが自分の身体を壊さずに、
お客様を強もみから本来の身体に戻していく。

その場しのぎじゃないアプローチで、
自分にもまわりにもやさしくなれるのが和もみ®です。

関連記事

  1. 広島講座の感想:セラピスト人生を変えるきっかけとなりました!…

  2. セラピスト養成講座の感想:他の講座との違いは?

  3. セラピストの指や身体に負担がかからない方法

  4. 新しい手技を習うよりも大事なこと

  5. YouTube動画では、伝えられないこと

  6. オンライン基礎講座について♪和もみ®の圧を体感できる!?