強もみは良くない…そう思うセラピストさんへの講座

和もみ®セラピストの万里です。

さて。今日は、
今週開催した和もみ®セラピスト基礎講座の内容について。

講座を受けたことがある方は振り返りに。
まだ講座を受けたことがない方は、技術の見直しのヒントにしていただけたら嬉しいです。

この記事を書いている私は、強もみができない、指が痛いセラピストさん向けの講座をはじめて5年、300人以上の手技の見直しをしてきました。

●強もみは良くない…そう思うセラピストさんへ

今週の和もみ®基礎講座には、セラピスト歴、数か月~5年目のセラピストさんが参加してくれました。

万里先生
今日は長時間にわたってありがとうございました!

ご一緒したお三方も皆素敵で
和やかな雰囲気の中楽しく学ばせていただきました!

実際に和もみ理論での圧の入れ方をやってみて、感覚が掴めたので、今日の感覚を忘れないように練習したいと思います。
あらためて和もみの魅力を感じた半日でした^^

また7月のスキルアップ講座、
よろしくお願い申し上げます!

Kさんより

Kさん、お越しくださりありがとうございました!

和もみ®の圧の入れ方、感覚がつかめたようでよかったです!

ここから先は、練習ですね。また、7月のスキルアップ講座でやりましょうね。

Kさんは、和もみ®の考え方に共感し講座に参加してくれました。

指が痛い、腰がつらい・・強もみができない・・

習った通りにやっているけど、こんなに強くして大丈夫なの?

お客様を思えば思うほど、「強く」することに違和感や疑問だらけ・・

強もみは良くないとは思うけど・・

そんな状況から抜け出すヒントを色んな角度からお伝えしました。

基礎講座の詳細はこちら↓

●強もみしたら、コリはほぐれるの?

「強く押せる」ようになることを目標とした研修に、私はすごく違和感があります。

もしかしたら・・身体のこと分かってないんじゃないのかな?

例えば、

  • そもそも、コリって何なのか?
  • 痛い、だるい、重い、症状って何なのか?
  • 「ほぐれた、柔らかくなった」と言うけど、身体の中で何が起きているのか?
  • 施術をするとどんな仕組みで、ほぐれたり、緩んだりするのか?
  • 治療院、エステ、リラクゼーションの違いは?
  • セラピストって何する人?
  • 「もっと強く」と言うお客様の心理は?

こう言うことを知らずに、手技だけ覚えて人の身体に触れているとしたら・・

しかも、「強く!強く!」って・・

私なら、怖くてできません><

強もみしたからコリがほぐれると言うことはありません!

セラピストの身体が痛むような施術は、お客様の身体も痛めています。

セラピストの手や身体に負担のない施術は、お客様の身体を良い方へ導くことが可能です。

基礎講座では、こんな風に身体の仕組み、施術による身体の変化、お客様の心理から学んでいきます。

身体に良くない強もみが多い理由はこちら↓

●どんだけ強もみか?を講座でチェック

理論的なことが理解出来たら、講座では手技の見直しをしていきます。

まずは、強もみの悪影響を再確認しましょう!

強いマッサージを受ける
 ↓
筋繊維、毛細血管が傷つく
 ↓
強い刺激から身体を守るためコリが硬くなる
 ↓
また、強いマッサージを受ける
 ↓
血流が悪くなり、身体のバランスが乱れる
 ↓
身体の感覚が鈍くなる
 ↓
もっともっと強い刺激が欲しくなる

お客様をこんな悪循環にしているのは、施術者であることを自覚したところで、自分の手技がどれだけ強もみなのかをチェック!

コリをほぐしているつもりが、凝っていないところを傷つけているんですね・・

●強もみをしないでほぐす方法

では、身体を傷つけずに「気持ちいい~」と感じでもらうにはどうしたらいいのか?

具体的に、身体の使い方と圧の入れ方を学び実際にやってみます。

指が痛くならない、指の当て方や手の形、腰に負担のない姿勢の基本をやってみて、

次は、圧を入るときに意識するポイントです。

  1. 相手に受け入れてもらう
  2. 相手に圧が伝わるまで待つ
  3. 圧と解放がセット   

これを、セラピストさんが普段やっている手技を修正していきます。

そして、和もみ®の圧、本当にほぐれる力加減と言うのがどんな感覚なのかを体感。

強もみじゃないから、単純に弱いと思っている方が多いようですが、

施術している方は、指が痛くないのに、

受け手は、しっかり圧を感じるのです。

その不思議な現象に、今回参加の皆さんも驚かれていました^^

今回は、タイ古式マッサージの方もいたので、マットも出してやりました。

なるべく現場ですぐ使えたらいいですもんね。

和もみ®だと、ただ弱いのではないので、

「もっと強く」と言うお客様の身体を壊すことなく、「気持ちいい」と感じてもらうことができるのです。

●強もみからお客様の身体を守るには?

手技の基本の見直しをしたら、お客様との会話についてもお伝えします。

お勤めのサロンだと、じっくりお客様と話す時間なんてないですよね。

そんな中でもできる、声がけや身体に良くない強もみからお客様を守るためにできることをお伝えしました。

更に、強もみが良くないことを知ってもらうために必要なことも

例えば、

  • 2:6:2の法則
  • 相手の話を聴く
  • 説明説得しない

会話が苦手な人にもお勧めの方法もありますので、施術のレベルに合わせて、会話のレベルも上げていく

施術+会話

どちらも両輪でやっていくと、自然と自信がつき指名も増えていきますよ^^

7月のスキルアップ講座の中で、お客様との会話についてミニ講義をしようと思っています。

カウンセリング時間がほとんどない現場でも使える、セリフ集みたいなのも作ろうかな~

伝えたいことがたくさんあるので楽しみにしていてくださいね!

●おわりに:穏やかな和もみ®セラピスト講座

4日間の講座が終了し、今日の午前中は少しのんびりしていました。

セルフケア講座、スキルアップ講座、和もみ基礎講座の4日間で、15名の方が来てくれました!

夫にも手伝ってもらっていたのですが、その夫とこんな話をしていました。

「ここに来る人、穏やかな人が多いよね~」

まわりへの配慮は忘れずに、でも自分も無理をしない。そんな人が集まって来るようです。

だから、私もやっていて楽しい^^

その中で、お勤めしているサロンが休業になってしまったセラピストさんが、

「今こそ勉強するときだと思って!」と言っていたのにとっても共感しました!

できることに目を向けるって大事ですね^^

来週は大阪に行きます!

お会いする予定の皆さま、どうぞよろしくお願いします。

最後にお知らせです♪

~お客様と長く付き合えるサロン開業!独立準備講座~

今はお勤めセラピストだけど、いつか独立したい!

自分だけの空間で、本当にやりたい施術で、一人ひとりのお客様とじっくり向き合える
そんなサロンを作りたい!

今から、独立の準備をはじめませんか?

・6月11日(金)オンライン(Zoom)
時間は、10時半~15時(休憩30分含む)

▼独立準備講座の内容
https://aromare.jp/infoschool-3/

関連記事

  1. ベッドに乗らずにマッサージをする事が大切

  2. あいまい手技は、お客様にバレてますよ!

  3. YouTube動画では、伝えられないこと

  4. セラピストの指や身体に負担がかからない方法

  5. マッサージの当たり?ハズレ?っていつ決まる?

  6. セラピストをやめる理由は、「対応できる術」を教えてもらえない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。