オンライン相談室を、無料ではなく「恩送り」にしていた理由

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。 

4月初めからスタートした、オンライン相談室。

今日までに、18名のセラピストさんとお話しができました!

その内、初めましての方が10名。

Zoom初挑戦だった方も多かったですね。

リアルで会いにくい状況の中、ご縁が繋がったことにとても感謝しています。

ありがとうございました。

さて今日は、

このオンライン相談室を、無料ではなく「恩送り」にしていた理由というか、私の想いを書かせてください。

「無料辞めます!その代わり恩送りで!

相談料は5000円として、その支払い先は私ではなく他で使ってくださいね」

そう、お願いしてきました。

こんな風に、恩送りの予定を教えてくれた方もいました。

===

恩送り先の予定は、

①コロナが落ち着いてから東京のマリさんのサロンへ行く

②いつもお世話になってるご飯屋さんにテイクアウトで4人前ランチを注文する

の予定です♪

===

おお!私も入れてくださってありがとうございます!!

他にも、こんな恩送りをしてくださった方がいます。

「化粧品を購入します!」

「落ち着いたら、家族で近所に食事に行きます!」

「家にお花を飾ろうと思います!」

あ。とくに報告義務はありませんが、

「じゃあ結局、無料ってことね」

で終わらされていたら、とても悲しいです・・

恩送りにしたのは、あることに気づいてほしかったからなのです。

お金って、誰かを喜ばせることができるんだ!

その喜びって、循環していくものなんだ!

そんなことに気づいてもらえたら、、と。

例えば、自分が買い物をする立場だと、払った金額とそれによって手に入れたモノに意識が向きませんか?

お客様から代金をいただく立場だと、どうでしょうか?

半独立の話しをしていると、お客様からあまり高い金額をいただくのは申し訳ない・・

そういう思いのセラピストさんが多いです。

気持ちは、分からなくもないです。

かといって、中身とかけ離れた値段は良くないですよ。

でも、こう考えたらどうでしょう?

お金は、誰かを喜ばせることができる

その喜びは、循環していく

はたして、価格を下げることがいいのでしょうか?

どうしたら、喜ぶ人が増えるのでしょうか?

これから先は、金額の高い安いではなく、価値があるかどうかで選ぶ人が増えていきます。

まさに、『買いものは投票なんだ!』ですね^^

オンライン相談室は、有料にて引き続き承ります。

ちょっと聞きたいことがある、相談にならない相談がしたい、そんなときにご利用ください。

手取り足取りの指導はできませんが、かなりいい変化を感じて頂けているようです。

===

マリさん

こんばんは

先日は、相談会ありがとうございました

マリさんのお話しやすさや

画面から伝わる優しさ、

受け止めてくれる感じが

話し下手なわたしにはすごくありがたくて、、

本当にとても楽しかったです♪

マリさんと話して

たくさんの気づきがありました!

(中略)

また今日から新たな気持ちでお客様に向き合えます♪

6月か7月、まりさんに直接お会いできるように

わたし自身も成長してから再会できるよう、

おこがましいですが、、マリさんを目標にがんばります

お体に気をつけて

お仕事がんばってください

メルマガ、これからも楽しみにしています

感謝と愛を込めて

(Kさんより)

===

Kさん、先日はありがとうございました!

リアルでお会いできることを楽しみにしております。

Kさんは、沖縄にお住まいです。

遠くの方とも簡単に繋がれるオンラインってすごいな~としみじみ感じました。

今、自分に出来ることをやっていきましょうね。

楽しく頑張りましょう♪

【オンライン相談室】

Zoomを使って、30~40分ほど私と話ができます。

詳しい内容とお申込みはこちらから

https://aromare.jp/onlinesoudan

あなたの疑問をぶつけてくださいね。すべてお答えします!

【営業のお知らせ】

緊急事態宣言を受け、5月6日まで休業していましたが、5月7日より少しずつ営業再開しています。

関連記事

  1. 目白のリラクゼーションサロン アロマリのトータルケア!よもぎ…

  2. 疲れて眠れない時は頭をリラックス♪

  3. 東京・目白のリラクゼーションサロン「アロマリ」のメニューを紹…

  4. 「肩が楽ー!!こんなにすぐ変わるものなんですね!」

  5. 「細かいところまでほぐしてほしい」そんな要望にお答えします。…

  6. マッサージを何度受けても効果を感じられない理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。