施術での劇的な変化は危険だよ!少しずつがいい

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
少しずつがいい!施術での劇的な変化は危険だよ。と言う話です。

よく施術で劇的変化!とかあるけど、これって良いのだろうか劇的変化には何か危険があるのかな?

このような疑問をお持ちの方へ。

施術での劇的な変化は危険だよ

「たった1回でこんな効果が!」

と言う言葉を聞くたびに、私が尊敬する女性鍼灸師さんが、話してくれたことを思い出します。

その方がまだ鍼灸の学校に通っていた頃。

調子が悪くて、学校の先生でもある鍼灸師に治療をしてもらったときの話しです。

感じていた不快な症状が消えて、シャキッ!と身体も頭も元気になり

「やっぱり先生の技術はすごいな~」そう思いながら過ごしていたら・・

数時間後に、元の状態に戻ってしまったのです。

なぜ、そうなってしまったのか?

その鍼灸師さんが言うには、「支えのない状態で無理やり立たされた。そんな感じだったのでは」と。

表面的にはいい状態に見えても、根っこの部分は変わってなければ、すぐに戻ってしまいますよね。

施術での劇的な変化は魅力的だけど、危険。

即効性があるものを何度も繰り返していると、新たな問題を生むことにも・・

強もみの悪循環みたいにね><

■劇劇な変化の危険性をどこまで分かって施術している?

この話を聞いてから、劇的な変化には慎重になりました。

施術のことだけじゃなくて、薬や化粧品、サプリメントとかも。

施術を受けた後の変化も考えて、施術を調整するように意識するようになりました。

お客様の要望も伺いつつ、身体の状態をみて施術をする。

私の経験上、劇的な変化よりも、小さな変化の方が安全で持ちがいいです。

和もみ®では、コリにくい、不調になりにくい、その人本来の状態に戻していく・・そこを目指しています。

そのためには、身体の仕組みや考え方が分かってないといけません。

分かってないと、「ココは、こうやればいい!」「●●マッサージがいい!」

という、やり方ばかりに目が向いてしまいます。

新しい技術を学ぶ前に、セラピストをしての土台を整えませんか?

圧が入る仕組み、ほぐれる仕組み、ポイントの捉え方、コリや不調になる仕組みなどなど。

どこまで分かって施術していますか?

■おわりに:今年も学びます!

先週は、静岡の足柄でスキルアップ講座をして、和もみ認定試験をして、受講生さん向けのオンライン勉強会をして・・

サロンの営業もしながらなので、ちょっと忙しくなってきました^^

学んでくれた皆さんが、早く和もみ®ができるように。

和もみ®を取り入れることで、皆さんのお仕事にプラスになるように。

今年は、更に力を入れていこうと考えています。

サロンや講座などを、長く継続していくための仕組みを整えるために、今年は私も学びに行きます♪

数年前からセミナー受講したり、コンサルをお願いしたり、度々お世話になっている、奥武志さんのところです。

奥さんの「三方よし」の考え方を学び取り入れたい!

三方よしとは、「売り手よし、買い手よし、世間よし」 という考え方のことね。

自分の利益だけではなく、お客様のことも、世の中のことも考えて仕事をしていく・・

長く続けていくには、このバランスと循環がすごく大切だと思うから。

和もみ®の考え方とも、共通することが多いんですよね^^

その奥武志さんが、新しく「無料オンラインプログラム」と言うのをスタートしたとのことで紹介しますね♪


高単価でもお客様からNo.1に選ばれる!

5つ星サロンを作る、7ステップ顧客
リピート術無料オンラインプログラム
https://sekkyakumental.jp/prom/

私も登録して見てみましたが、新しい発見や抜け落ちていたことを発見したり・・

大切なことって繰り返し繰り返しですね。

これから独立を考えている方にも、すでに独立している方にも、知っておいたらいいことがたくさんありましたよ!

おすすめ情報でした^^

関連記事

  1. 毎年がん検診を受けていますか?

  2. 肩こりが楽になるのに必要なのは2つ

  3. 【社会毒・砂糖】イライラする、むくみやすい、吹き出物ができる…

  4. もみ返しって当たり前なの?

  5. もみ返しって、良いの?悪いの?

  6. ○○の違いで、同じ施術でも効果が違う!