こんな考え方をしていると、からだの不調を招きますよ

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

関東地方も梅雨入りしましたね。

暑いのも湿気も苦手ですが、真夏に向けてバテないようになるべく汗をかくようにしています。

コロナ対策で、マスクやフェイスシールドを付けて施術しているセラピストさんは気をつけてくださいね><

以前お伝えした、『和もみセルフケア講座』については、こちらに詳しく書きました。

自分の身体と仲良くなりたい!お客様との会話のネタがほしい!

そんな方にぜひ♪

https://aromare.jp/yawamomiself1

こんなお問合せをいただき、気づきました・・

===

メルマガいつもありがとうございます!

セルフケア講座、とても魅力的ですね!

でも、私の場合はやはり手技を見直すことが先かな~と思っています。

今のままでは、お客様に申し訳なく・・毎日、モヤモヤしながら施術をしています。

和もみの講座は、目白の開催予定はないのでしょうか?

今後の予定が決まっていましたら、予定を合わせて参加したいと思っています。

===

お知らせするのを、、、すっかり忘れていました。汗

7月8日(水)にやろうかと思っていたのでした!

和もみの基礎講座では、セラピストの手や身体に負担なく、気持ち良い施術ができる秘訣をお伝えします。

手や身体の使い方を見直すことで、今の施術が、もっと楽に、もっと喜ばれる施術に変わりますよ。

・講座の内容はこちらです。

https://ameblo.jp/aromare-koe/entry-12586071648.html

急ですが、学びたい方はいますか?

募集開始の前に、要望があるかどうか教えてください。

私のやる気スイッチが、バチッ!!っと入ります(笑)

「学びたい!」と言う方は、このメールにお返事いただければ私に届きます。

さて、今日のテーマは、

『からだの不調を招く考え方』について。

お客様の不調を改善するために、覚えておいてほしいことです。

あなたのお仕事のヒントにしていただけたら嬉しいです^^

私が、エステやセラピストの仕事を始めてから、18年近く経ちます。

10000回以上(もうよく分かりません・・)の施術をしてきて感じていることがあります。

身体の不調は、身体の使い方の問題だけではないということです。

同じように施術をしても、

丁寧にカウンセリングをしても、

良くなっていく人と、そうでない人の違いって、なんだろう?

ず~っと観察してきました。

どうも不調の種類には、2つあるようなのです。

・身体の使い方による不調

・考え方による不調

とくに、考え方による不調は、なかなか根が深いです。

この不調と向き合うのにも、和もみの理論が役に立ちます。

不調を招く考え方とは、

例えば、

「本当はやりたくないんだけどね・・」そう思いながらやっている。

気持ちと行動がズレていたり妥協している。

不満があるのに、解決できない理由ばかり口にする。

こんな人は、よく体調を崩します。

それ以外にも、よくケガをしたり、頻繁に病院に行ったりしています。

身体の不調を改善するときに、そのお客様の考え方も注意深く観察してみてください。

こんな風に不調の見方を知っていると、ただ、固くなったコリをほぐす以外のアプローチができますね^^

コロナ騒ぎや自粛やらで、今までにない不調を感じているお客様が多いと思います。

よい方へ導いていきましょうね^^

関連記事

  1. 今年一年、自分の『身体』にやさしくしてきましたか?

  2. 毎年がん検診を受けていますか?

  3. 塩は身体に良いんですよ。

  4. コリをほぐすのに鎮痛剤や湿布は邪魔します。

  5. ○○の違いで、同じ施術でも効果が違う!

  6. 風邪は病院に行かなくても治りますよ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。