セラピストスクールで学んでも現場では使えない

和もみ®セラピストの万里です。

今週の月曜は、スキルアップ講座でした。

スキルアップ講座は、和もみの講座を何らか受けてくださった方限定の講座です。

和もみの講座には、10年以上のベテランさんから、1年目のセラピストさんが学びに来ています。

年齢も20代~50代以上まで幅広く、皆さん向上心を持っています。

その中でも、定期的に学んだり練習している人は、確実に前に進んでいますね。セラピストは常に学びが必要です!

今日のスキルアップ講座には、4名のセラピストさんが来てくれました。

皆さん、有意義な時間になったようです。

「上手くできてなかった理由がわかった!手技も増えて嬉しい^^」

「なんとなくやっていて、苦手だった横向きの施術も、意味がわかってやると違いますね!」

「受け手になって、ほぐれた感じがしたので、お客様にもやってみようと思います!」

よかった~^^

同じ価値観の人と練習できるのは、やっぱりいいですね!

●セラピストスクールで学んでも現場では使えない?

セラピストになるためのスクールや、アロマや癒し関連の協会は色々ありますが、

その先生や協会の人たちは、リラクゼーション業界に強もみ問題があることを知らないようです。

以前、強もみやセラピストの負担のことを話したときに、言われたことが今でも忘れられません。

ソフトタッチの施術を教えているスクールの先生からは、

「そんなに指が痛いなら、無理してやらなければいいじゃない?」

アロマの協会の先生からは、

「オイルマッサージは、ソフトでも気持ちいいものですよ!」

そんな風に言われました。

そんなことは、分かっているんですよ・・

それが出来ない状況に、現場のセラピストは苦しんでいるのです。

●スクール関係者との「ものすごい温度差」

だって現場では、

「60分首だけでいいから、マックスのチカラでやって!」
「なんでもっと強くできないの?そんなんじゃ効かないよ!」

と言ってくるお客様がいたり、

先輩からはこんな風に言われたりするんです。

「とにかく強く出来なかったら、やっていけないよ?」
「骨を折るとか、殺す気でやれば、圧が入るんじゃない?」

そんな話をしたところ、両方の先生から言われたことは、

「そんなことを言うお客様がいるんですか?オイルマッサージでもですか?」
「うちのスクール(協会)では、こんな風に教えていますよ・・」

スクールや協会では、理想的な方法は教えているけど、現状を知らないのです。

この方たちは、現場で働いたことがないので、当然と言えば当然ですが・・

話していて、ものすごく温度差を感じました。

●セラピストのスクールも協会も、結局は目先のことだけ?

だから、スクールで学んでセラピストになっても、サロンで働くとギャップに驚く人が多いのです。

理想と現実のギャップ。

現場でお客様に満足してもらえない私はセラピストに向いていないんじゃないかな・・

そんな風に、自信を無くして、身体を壊して辞めてしまう・・

私は、それが悲しくて悔しくて。

私が会員になっているアロマの協会のエライ方にも、理想と現場のギャップを埋められないものかと話してみたことがあります。

が、目先の協会の会員を増やすことしか興味がないようでした。

悲しい・・

(だから、会員が減っているんだよ!爆)

●優しい施術では、クレームになるセラピストの現場

私自身が、強もみ現場で働き、指を痛めた経験があります。

体力もないし、肩コリにも腰痛にもなりやすいのです。

こう言うと、和もみを教えているのに?

と、思われるかもしれませんが、だから身体に負担のないやり方を見つけられたのです。

セラピストのスクールでも教えているように、和もみが勧める圧加減よりも、ソフトで優しいタッチの施術方法はたくさんあります。

それでも、身体への効果は十分あります。

でも、それをたくさんのお客様が来るリラクゼーション店でやっていたら、間違いなくクレームをもらいます。

●セラピストが理想を持ちつつ、現場で使える方法を!

自分がやりたいようにしたいなら、独立するしないのですが、いきなりは難しいですよね・・

だから、セラピストが理想を持ちつつ現場で使える方法を、私は伝えています!

だって悔しいじゃない?

理想とは違う、その場しのぎの現場で、自分の身体もお客様の身体も壊すことをしなきゃいけないなんて。

今の手技を、自分の指や身体に負担なく気持ちいい圧を入れられる方法や、

強もみに慣れてしまったお客様にも、喜んでもらえるアレンジ方法があるのです。

それには、施術の方法だけでなく、身体の仕組みやお客様の心理も理解しておかなくてはいけません。

施術のやり方だけじゃなく根っことなる考え方があるのが、和もみ理論ですよ。

セラピスト講座案内

●動画講座に関してのご質問をいただきました

>実際にお会いしての受講と、DVDとでは学べることに差はでますか?

今回の動画は、DVDではなくダウンロードして見ていただく形の動画になる予定です。

理由としては、コスト面とスマホでも見られるようにです。

実際と動画で大きく違うところは、あなたの施術や身体の手や使い方をチェックできないことです。

そして、どんな圧なのかが体感出来ないことですね。

実際の講座では、和もみのやり方を体感したり、お一人ずつ施術チェックしてアドバイスしています。

動画の方でも、基本的なことはもちろん、今まであったセラピストさんの例などは解説する予定です。

和もみの講座は、その方の状況やお悩みをその場で解決することがメインなので、一番のお勧めは、動画を見て個別レッスンを受けるという流れです。

一気に上達したい人、じっくり学びたい人、とりあえず基礎からの人。

ご自身のペースで学んでくださいね^^

【お知らせ】
動画の発売についてと、11月の基礎講座の日程については、次回のメルマガでお知らせします。

メルマガ講座の登録はこちら

関連記事

  1. セラピストが自信を持てないのは教え方に問題がある

  2. 根っこと枝葉と

  3. 【施術の練習方法】一人で家でこっそりセラピストさんの練習

  4. サロン勤めだからできるセラピストの独立の準備

  5. 施術が時間内に終わらない!そんな場合は・・

  6. 気持ち良いマッサージの力加減の正解は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。