セラピストも疲れずお客様も喜んでいただける施術

和もみ®(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
施術で力を入れない方が、圧が届く?という話です。

施術をしていると疲れてしまう…セラピスト自身が疲れないでお客様に満足してもらえる施術はあるのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

セラピストも疲れずお客様も喜んでいただける施術

「もっと強く」と言われたとき、どうしていますか?

和もみ®を学びに来ているセラピストを見ていると、多くの場合が、力で押そうとしてしまうのですね。

これだと、自分の指が痛くなる。身体がつらくなる。

そして、圧が入らない、気持ちいいところに届かないということが起こります。

頑張って押しているのに、「もっと強く」と言われてしまう・・

悲しい悪循環なのです。。><

力でどうにかしようとするのを辞めてみたら、こんな変化が起ったようです。

万里さん

今日は何度か施術している強めが好きなお客様に
初めて「気持ちよかったです~」と言っていただけました!!

今まで力でどうにかしようとしすぎていて、届いていなかったんだと思います。

私も疲れずお客様も喜んでいただける施術。
本当に万里さんに出会えて良かったです。

Oさんより

おお!いいですね~^^

力でなくて届く感覚、掴めてきたようですね。

■施術での圧の入れ方

よかったら、自分の太ももで拇指圧をやってみませんか?

  • 力で押す圧
  • 重さを載せる圧

この2つを比較して感じてみましょう!

『力で押す』は、分かりやすいのでできると思います。

『重さを載せる』の方は、太ももに親指を置いて、上半身を10~20センチくらい前に倒すようにすると重さが載ると思います。

  • 力で押す圧
  • 重さを載せる圧

どんな違いがありましたか?

太ももが感じる、圧の質の違い、届くところの違い

手技をしている自分の指の感じ、腕や肩まわり、動き

色々違いが感じられたと思います。

■施術での圧の重さ

私の感覚だと、『力』の方は、刺激的ではあるけど奥に響く感じがなくて、『重さ』の方がじんわ~りと奥に響く感じがして好きです。

和もみ®でも、強もみでも、体重圧であることは同じです。

ただ、載せる重さが違います。

強もみ、強圧の場合は、20~30㎏くらい(もっと?)載せるように習うようですが・・

和もみ®の場合は、1~3㎏で十分!

このくらいの重さでも、奥深いところにもアプローチできるし、ガチガチの身体もほぐれるし、気持ちよさも感じてもらえます。

ここに和もみ®の技があるので、これは学んで練習していくしかないですが・・

お客様の身体にも、セラピストの身体にも負担をかけることなく、いい変化を起こすことができますよ。

■セラピスト講座♪出張とオンライン

先月から、オイル講座とほぐし講座が始まりました!

和もみ®流の施術を、身体の構造や基本手技から、お客様に合わせてアレンジ調整できるように、6ヶ月間かけて学んでいきます。

手技が順番通りに正しくできることではなく、目の前のお客様にどうするか?セラピスト自身で考えられる力をつけていきますよ。

その一部『首、肩、背中』編が、今回は広島講座でも学べます。

東京まで来るのが難しいというセラピストさんは、ぜひ!

▼6月和もみ出張講座(大阪/広島)の予定
https://aromare.jp/campaign/20240228-2/

東京の目白サロンでは、実践練習会、セラピストの身体を守る講座も予定しています。

和もみ®の基礎講座は、オンラインと動画で学ぶことができますよ。

▼5月6月和もみ講座(東京・目白/オンライン)の予定
https://aromare.jp/campaign/2024028-1/

施術をしていて指が痛い、身体がつらい・・
お客様に「もっと強く」と言われてしまう・・
自分の手技に自信がない、強くすることに違和感がある・・

そんなセラピストさんが、この仕事を楽しく長く続けていくためのお手伝いをしています。

悩んでいたら、会いにきてね^^


関連記事

  1. 治療との違い!リラクゼーションは治せない。だから不調が良くな…

  2. 体力的に、セラピストは何歳までかな?あと何年続けられるんだろ…

  3. 他のマッサージと和もみには、こんな違いがある

  4. 「もっと強く」と言わた時の対応方法【押し過ぎじゃない!?】

  5. ガチガチ身体が大きなお客様をほぐすときのコツ

  6. リラクゼーションと治療系マッサージの違い