施術の力加減をお客様任せでいいの?

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
施術の力加減をお客様任せでいいの?という話です。

お客様の言いなりで力加減をしているけど、これで良いのかな?施術の力加減の目安ってあるのだろうか?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

施術の力加減をお客様任せでいいの?

まずは、大阪の講座に参加してくれたセラピストさんから、早速メッセージをいただきましたので紹介します。

まりさん、今日はありがとうございました。
とっても勉強になりました。

なんとなく感覚も掴めたような…まだまだ、奥が深くて難しいですが、
お話してたように『これは行き過ぎ!!』って感覚はなんとなく掴めたので、これから練習していこうと思います。

セラピストさんのお友達もできて嬉しかったです。
本当にありがとうございました!

Nさんより

Nさん、こちらこそ来てくださりありがとうございました!

『これは行き過ぎ!!』って感覚を忘れずに、その感覚を目指して練習してみてください。

今までに感じなかった、身体の感覚や緩む感覚を感じられると思います。

『押す』のではなく、和もみ®で施術する場合は『適切なところで止める』ということをします。

凝っている筋肉に向けてアプローチをしたいからです。

その感覚が掴めると、お客様の身体の変化が感じられて施術が面白くなってきますよ^^

■和もみ®での施術の力加減

イタ気持ちいいではなく、和もみ®施術の力加減の目安は、「あぁ~気持ちいい~」です。

はぁ~~~っと、ため息が漏れるくらい。

凝り固まって鈍くなった身体だと、「ちょっと物足りない」と感じるくらいです。

物足りないとお客様が満足してくれないんじゃない?と思うかもしれませんが、大丈夫です!

ほぐれてきたら、感覚が出てきますので。

凝って鈍くなった身体に合わせたら、大変なことになりますからね><

手技の形や順番を覚えただけのマニュアル手技では、
お客様任せ施術の力加減では、お客様の身体はほぐせません。

セラピストの仕事は、手順通りに施術をすることでも、
お客様の言いなりに施術をすることではないはずです・・

『お客様の身体の状態に合わせて調整する』
『お客様をより用法へ導くための必要な提案をする』

これが、和もみ®が考えるセラピストの仕事。

手技の形や順番を覚えたら、ただのマニュアル手技・施術から次のステップへ進みましょう!

いつまでも自信が持てない理由も、そこにあるかもしれませんよ。

■認定セラピストさんの施術はウトウト気持ちいい

3日間の大阪講座のあとは・・

滋賀の守山にある和もみ®認定セラピストさんのサロンへ行ってきました!

移転されたので、新しいサロンの様子や施術動画の撮影でした。

撮影は夫。
私はモデル♪

撮影終了後に、和もみ®でほぐしてもらいました!

気持ちよくてウトウト・・
身体がほぐれていく感覚を味わいながら・・
現実と違う世界を行ったり来たり。

終わってみたら身体がふわっと軽い!
移動の疲れもなく今日も調子がいい!

やっぱり、和もみ®はいいな~^^

関西方面で、和もみのほぐれる感覚を感じたい方は、こちらにぜひ♪⇒https://www.instagram.com/fuwayuru.shinoda/?igshid=NTc4MTIwNjQ2YQ%3D%3D

関連記事

  1. セラピストさんからの質問に答えます♪起立筋がズレていく…

  2. 太っている方への施術アプローチ方法

  3. 施術が上手にならないのは、考える順番が違うからかも?

  4. 手技での母指と手根と四指の使い分け

  5. 施術の効果を高めるために必要なこと

  6. お客様の身体に合わせて施術するには?肉の塊じゃないよ?