オイルマッサージが下手に思われる残念ポイント

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、

オイルマッサージが下手に思われる残念ポイント

についてです。

オイルマッサージをしててお客さんの反応が良くない…気持ち良くするにはどうしたら良いのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

■オイルマッサージの『密着』と『密着感』の違い

今まで、個別レッスン、練習会、養成講座などで、400人以上のセラピストさんの技術の見直しをしてきました。

その中で、オイルマッサージの施術で下手だと思われてしまうこが多い『残念なポイント』についてシェアしたいと思います。

まず、1つ目の下手だと思われてしまう残念ポイントは、

・手の密着を間違えている

オイルマッサージは「密着が大事!」そう言われていますよね。

ただ、この『密着』が密着になっていないことが多い・・

『密着』のために、手のひらから指先まで着けようとすることで、手の中心や指の付け根が浮いてしまっているのです。

『密着』に必要なことは、指先まで着けることではなく、『密着感』があること。

『密着』と『密着感』の違いを感じてみてくださいね。

2つ目の下手だと思われてしまう残念ポイントは、

・余計なことをしている

例えば、圧を入れている母指以外の指が、さわさわと当たっていたり、くすぐったい部位にふれていたり。

そう言ったことが、肌に直接触れるオイルマッサージでは、気持ち良さが半減、不快に感じさせることにもなりかねません。

他にも・・

オイル塗布のときに、オイルを溜め状態の手を腰や背中に置いて、もう片方の手と馴染ませていく・・とか。

下肢のエフルラージュの戻ってくるときに、包み込むように足の前側まで指を入れていく・・とか。

何気なくやっていることが、よかれと思ってやっていることが、そうじゃなかったら悲しいですよね><

これは、お客様は本当に気持ちいいのかな?と意識して練習してみるといいですよ。

■オイルマッサージの気持ち良さも効果もアップする

他にも下手だと思われてしまうのは、

・手の形や動きに囚われている

・身体を使えていない

これも、オイルマッサージの施術で多い『残念なポイント』です。

手の形や動きを意識し過ぎて、アプローチしたいポイントが捉えられていなかったり、そもそもどこにアプローチするのか曖昧だったり。

体重圧のつもりが踏ん張っていたり、手の力で押していたり、身体が使えていないので、自分もつらいし圧も入らないから気持ち良くない・・

そんなことになって、もったいないな~と感じるのです。

でも、これに気づいて改善することが出来たら、今までの手技を大きく変えなてないのに

気持ち良さがアップ!
施術の効果もアップ!

そして、自分の身体が楽に施術をすることができます。

ちなみに和もみ®の圧は、身体の重さ1~3キログラムあれば十分です。

圧の入れ方を変えたら、もっと気持ち良く、もっとほぐれるのを感じてもらえますよ。

力加減は、強い弱いじゃない。ほぐすのに力は要らない。ってことを伝えたいな~

もっと、セラピストの仕事が楽しくなりますよ^^

■静岡の認定セラピストさんのサロンへ

昨日は、和もみ®認定セラピストの根本亜夕美さんのサロンにお邪魔してきました!

私だけでなく、山梨と名古屋からも認定セラピストさんが来て、亜夕美さんのサロンを見学させてもらったあとに、

日本の薬草や植物に詳しいので、サロンの近くの山を散策案内してもらう企画だったのですが・・

なんと、雨・・><

急遽予定を変更して、亜夕美さんが、時々お仕事をされている、箱根の5つ星ホテル内のスパを特別に見学させていただくことに。

一流ホテルの中を宿泊していないのに、ウロウロするなんてできないから・・とても貴重な経験でした^^

亜夕美さんのインスタはこちら
https://www.instagram.com/hitotoki_relax

関連記事

  1. 『アロママッサージは優しくて物足りない』と思っている方にこそ…

  2. オイルマッサージとほぐしは別物じゃないよ

  3. オイルマッサージ講座は手順から教えたくないの!

  4. お腹のアロママッサージはおすすめ♪