Blog

ブログ

2020.1.17良い循環の考え方♪そうすると1週間に3人の指名!

こんにちは^^和もみ®︎セラピストの万里です。

 

 

「個別レッスンを受けたいのですが?いつが可能でしょうか?」

 

との、お問合せがありました。

 

他の方からも聞かれたので、改めてお知らせです。

 

個別レッスンをご希望の方は、こちらの予約状況をご確認いただき、ご希望の日程をお知らせくださいね。

https://aromare.jp/reservation.html

 

早めに言ってくだされば、練習モデルさんをこちらで頼むこともできます。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

https://ameblo.jp/aromare-koe/entry-12288096774.html

 

 

先日、5回連続の個別レッスンを終了したセラピストさんから、メールをいただきました。

 

===

個別レッスンありがとうございました。

 

自分の中ではまだできていないことだらけで、あまり変化していないような気もするのですが、、

でも以前よりも意識がだいぶ変わっているとは思います!

 

手の使い方や指の当て方、手のどこが当たっているか、圧を入れたい部分をしっかり捉えてから圧を入れる、手技の意図、強さでなく深さを意識する、自分の身体や周りの空間への意識、相手がどう感じているか、などなど、常に考えるようにしています。

 

指名の方はまだまだ少なくてムラがあるのですが、今週は調子が良くて、1週間に3人の指名をいただけたので、まずはこの感じをキープできるようにがんばります!

 

また何かあった時には相談させていただくかもしれません、今後ともよろしくお願いします。

メルマガなども楽しみにしていますね^^

 

<Sさんより

===>

 

 

Sさん、1週間に3人の指名をいただけたなんて、すごい!!

頑張っていますね^^

 

Sさんは、セラピストの仕事は、まだ1年ちょっとです。

 

 

 

Sさんが意識してやっているこちら、

 

手の使い方や指の当て方、

手のどこが当たっているか、

圧を入れたい部分をしっかり捉えてから圧を入れる、

 

強さでなく深さを意識する、

自分の身体や周りの空間への意識、

相手がどう感じているか

 

あなたも、ぜひやってみてくださいね。

 

 

 

「分かる」と「できる」は違いますが、まずは意識をして実践することです。

 

この仕事には、カンペキなんでありません。

 

お客様は、一人ひとり違うからです。

 

上手くできたり、できなかったり、もどかしいかもしれません。

 

でも、実践を続けていたら、自分の変化を実感できるときが必ずきます。

 

すでに、1週間に3人の指名をいただけたなんて、大きな変化だと思いますよ^^

 

 

 

セラピストの仕事は、お客様の反応によって、一喜一憂してしまうことが多い。

 

だからこそ、和もみで伝えている「セラピストとしてのあり方」が大事になります。

 

今日は、いい循環を作るための考え方を紹介しますね。

 

 

1:出来たことに目を向ける

 

どんな小さなことでもいいです。

「今までできなかったことが出来た!」そこにしっかり目を向けましょう。

 

 

2:なぜ上手く出来たのか?を振り返る

 

振り返るときは、やったことだけでなく、どんな思いでやったのか?

しっかり振り返りましょう。

 

何かをしたから(あるいは何かをしなかったから)、上手く出来た。

そう考えがちですが、実は「思い」がとても重要です。

 

気持ちは、通じますからね^^

 

 

3:上手く出来た自分を認める

 

自分を喜ばせるのは、自分しか出来ません。

誰かに褒めてもらうのを期待するよりも、「よく出来たね!」と自分で認めてあげましょう。

 

 

これは、和もみ中級レベルの方にお伝えしていることです。

1、2、3、よかったらやってみてくださいね^^

 

 

 

でも・・

あれもこれも出来ていないし、まだまだだ・・

あの人は上手くできてて、私なんて・・

 

そんな風に落ち込みやすいセラピストさんは、ぜひ会いにきてくださいね^^

 

大丈夫!

あなたも、セラピストの仕事に、自信が持てるようになりますよ。

 

 

セラピストを一生の仕事に!

あなたも、5年以上お客様と長く付き合えるセラピストになれますよ。

 

・技術見直し個別レッスン

https://ameblo.jp/aromare-koe/entry-12288096774.html

 

ACCESS

地図アプリで開く

ご予約・お問い合わせ
TOPへ
戻る