Blog

ブログ

2018.1.24【自己紹介】私も肩こり、生理痛、肌荒れに悩んでいました…

こんにちは!セラピストの須藤万里です。



改めまして、自己紹介をさせてください^^







エステサロン、アロマサロン、リラクゼーションサロンでの勤務経験を経て2007年独立。



現在は、目白でプライベートサロンをしています。



血液循環療法士、アロマセラピストとして、お客様のお身体とお肌のメンテナンスをしたり、

 

セラピストの技術見直しアドバイザーとして、セミナーや講座をしています。







私自身、中学生の頃から猫背の肩こり、肌は乾燥し刺激に敏感で20代のころまでファンデーションがキレイに塗れたことがありませんでした。



生理痛も20代が特にひどく、仕事を休んで迷惑をかけていました。







◆プロフィール



23歳の離婚をきっかけにエステサロンに入社。



美容の知識と技術を身に付ける中、アロマテラピーを学び資格を取得。







その後、リラクゼーションサロンで働き始めるが、強く揉むマッサージ方法で手を傷めてしまう。



自分自身も肩こりで先輩にマッサージしてもらうが、痛くて次の日も揉み返しで辛い思いをする。







通って来るお客様の多くが、来る度に肩こりが固くなり、もっと強くして欲しいと求めて来る。



この方法で本当に肩こりが良くなるのか?と疑問に思う。







色々調べ、約100年前に日本で生まれた【血液循環療法】と言うマッサージ方法に出会う。



『強く揉むとほぐれるどころか、反対に筋肉が固くなる。根本的に肩こりを改善するには、血流を良くすること』と言うのが血液循環療法の考え方。



自分自身の肩こりが楽になり、身をもって血流の大切さを深く理解する。


数年かけて血液循環療法士の資格を取得。






2007年にマンションの一室でサロンAroma:Reをオープン。



血液循環療法の考え方を取り入れた、アロママッサージとフェイシャルも他ではない効果を実感できると好評。







◆オリジナルの【血管アンチエイジング】は、雑誌『セラピスト』に紹介されました。















お客様は、働く女性が多く



「20年以上の肩こりが楽になった」



「全身がポカポカして血が流れている感じがする」



「マッサージには色々行ったけど、こんなにスッキリしたことはなかった」



と、肩こり解消と体調管理のために定期的に通って来る。







施術後の身体や肌、心と食、病気や健康に関するアドバイスも楽しみに、体調管理のために5年以上通っているお客様も多い。







また、強く揉むマッサージが危険であることをセラピストにも知って欲しいと、講座も行っている。セラピスト歴16年 10000回以上の施術経験から、強もみせずに肩こりを解消する方法を教えている。







◆2016年12月発売の雑誌『VoCE』



お腹のセルフケア方法について取材を受けました。











◆2016年11月発売の雑誌『an・an』



「弱い刺激でも、血液の巡りは劇的によくなる」とサロンのことが紹介されました。














<私の願い>



・強いマッサージによって、体を傷めてしまうお客様がいなくなること



・強いマッサージによって、手や体を壊してしまうセラピストがいなくなること



・本当の意味での「キレイ」と「健康」に気付いてほしい!







サロンに来てくださるお客様も、施術をするセラピストも、



幸せで豊かな気持ちになれるサロンを全国に増やしたいと考えています。







→メニューの詳しい内容はこちらにも書いています

ACCESS

地図アプリで開く

ご予約・お問い合わせ
TOPへ
戻る