Blog

ブログ

2018.12.17塩は身体に良いんですよ。

いつもありがとうございます(*^^*)
体質・肌質を根本改善へと導く、セラピスト須藤万里です。

 

 

突然ですが、

 

高血圧の人がすべて
減塩しなければならないとは限りません。

 

今、読んでいる本にこう書いてありました。

現代は塩分による高血圧は少なく、体重を落とせば治るという高血圧のほうが多いそうです。

そして

人間の体細胞は、食塩水によって満たされています。
そして、その食塩水の塩分濃度が0.85%より低くなると、体内にすむ菌は繁殖力を持つようになります。
菌は、体内にある酸素や糖分、タンパク質を栄養として増殖していくので、その結果、体細胞はじわじわと死んで行ってしまいます。

 

つまり
人間の身体は、体内の塩分濃度が薄くなるほど、抵抗力や免疫力が弱くなってしまうとのことです。

 

人間は砂糖がなくても生きていけますが、がなければ生きられませんからね。

実際、減塩されている人ほど風邪やインフルエンザに罹りやすく…よく予約の変更をされますね^^;
  

 

高血圧と「塩」は関係ないことは色々な方がおっしゃっていますし、そもそもの根拠となった実験の話を聞くとばかばかしくなります。興味のある方は調べてみてください。

 
お客様にも減塩されている方がいらしゃいますが、「減塩は必要ない」ことと「本物の塩を摂る」ことをお勧めしています。

世の中には意外な「ウソ」がたくさんあります。ほんとびっくりするくらい!

そんな話を興味のある方にはさせて頂いております。
 
 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

ACCESS

地図アプリで開く

ご予約・お問い合わせ
TOPへ
戻る