Blog

ブログ

2019.11.1セラピストの給料、安すぎない?

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

 

先週来てくださったセラピストさんが、お二人とも異業種からセラピストになった方でした。

 

「今までで、一番貧乏です・・」

「今の時給、最低賃金より低いんです・・」

 

「でも、以前の仕事よりもストレスがないし、やっていて楽しいからセラピストを続けたいんです^^」

 

お二人とも、同じようなことを言っていました。

 

色々お話しをうかがえて、楽しい時間でした。

 

Kさん、Sさん、お越しくださりありがとうございました^^

 

 

前回のブログで、お客様が言った要望に応えているだけでは、満足してもらうことはできない。

 

その言葉を言った理由を考えてみると、「もっと強く」と言うお客様が怖くなくなりますよ^^

 

そんなことをお伝えしました。

 

 

 

満足を目指しているうちは、満足してもらえない。

 

感動してもらえることを目指して、はじめてお客様は満足してくれる

 

そこに、あなたの価値が生まれる。

 

誰かが、こんなようなことを言っていました。

 

 

 

「もっと強く」と言うお客様に、強もみについて話しても聞いてもらえないことってありますよね?

 

「いいから、思いっきりやって!」「それじゃ、全然ほぐれないよ!」

 

セラピストの扱いって、たまにひどくないですか?

 

私も、まるで小間使いのように扱うお客様に会ったことがあります。

 

セラピストの仕事に対する評価も、低いように感じることもあります。

 

 

 

「もっと安くて、強くやってくれる店もあるのに・・」

 

こんな風に言われてしまうのは、お客様がセラピストに価値を感じていないからです。

 

 

 

価値を感じたら、セラピストの話しをもっと真剣に聞いてくれるハズです。

 

だって、お医者さまの言うことは、ほとんどの人が聞くでしょ?

 

自分でどうにもできなかったら、専門家に意見を求めますよね?

 

私は、和もみを通じてセラピストの価値をもっと高めていきたいのです!

 

そうしたら、いただける料金も、お給料も変わってきます。

 

 

 

セラピストとしての価値をもっと感じてもらいたい!

 

そう思うなら、お客様が言った通りにやっていてはダメ。

 

お客様を今の状況からより良い方へ導く、それがセラピストです。

 

そのためには、プロ意識を持ってしっかり提案することです。

 

 

 

はじめは、聞いてもらえないことの方が多いかもしれません。

 

私も、はじめは上手く伝えられませんでした。

 

でも、伝え続けることで、こんな風に言ってもらえるようになります。

 

「あなたに、担当してもらうようになってから、すごく身体が楽に変わったのよ」

 

 

 

以前も、治療家とセラピストの違いについて書きました。

 

私は、治療家よりも、和もみの方が、お客様を根本から良くすることができると考えています。

 

身体にアプローチして症状を消すが治療。

 

身体に出ている症状を、深いところから癒すのが和もみ。そんなイメージです。

 

 

 

「治す、治る」が、治療家と和もみでは、考え方が違います。

 

身体に表れている症状の捉え方にも、違いがあります。

 

どう違うのか?詳しく知りたい方は、ぜひ講座にお越しくださいね。

 

これが理解できると、セラピストにどれだけの価値があるのかがわかりますよ。

 

伝え方の手順とコツも、講座で学べます。

 

ACCESS

地図アプリで開く

ご予約・お問い合わせ
TOPへ
戻る