Blog

ブログ

2019.10.9根っこと枝葉と

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

 

前回のブログで、セラピストを長く続けていくには、木で例えると根っこである、土台作りが大事!!とお伝えしました。

 

共感してくださったからなのか、セラピストさんお二人からご予約をいただいました!

 

ありがとうございます!嬉しい^^

 

 

前回も書いたように、こういうのは枝葉ね。

 

ここを押したらこんな効果があるよ!とか、

 

ここをほぐすには、こうしたらいいよ!とか、

 

指をこうして、身体をこう使うと、負担が減るよ!とか、

 

根っこがないから、教えてくれた先生と同じように効果が出せなかったり、お客様によって反応が違ったりするのです。

 

でも、それに気づかずに、このやり方が悪いんだ、自分に合わなかったんだ、そうしてまた違う手技やセラピーを習いに行く。。

 

枝葉のことばっかり頑張っても、根っこがしっかりしていなかったら、花も咲かないし、実も成りません。

 

 

 

前回はここまで書きましたね。

 

で。気づきました?

 

 

 

根っこがあって、枝葉があって、花と、実と、、

 

あれ、幹は?

 

 

 

木が大きくなるには、幹の部分が大事ですよね。

 

人でいうと、「ぶれない軸」とか、「芯がある」とか、「筋が通ってる」

 

そんな風に言われるものでしょうか。

 

 

 

根っこと枝葉だけでは、まだまだ子供の木ですね。

 

次にするのは、幹を太く育てていくことです。

 

そうすることで、大きな木になり、もっとたくさんの花を咲かせて、もっとたくさんの実を付けることができます。

 

和もみでは、考え方を伝えているので、セラピストとしての土台になる根っこ、軸となる幹を自分で育てていけます。

 

 

 

以前、ブログでこんな質問をしたのを覚えていますか?

 

『自分がお客様だったら、自分のことを指名したいですか?』

 

嬉しいことに、和もみを学んだセラピストさんの約7割が、「指名したい!」と答えてくれました!

 

一部を、ご紹介しますね。

 

 

===

自分がお客さまだったら、もちろん自分を指名したいです♪

理由は、私を指名すると痛みがない施術でリラックス出来るし、凝りがほぐれた状態が長持ちするからです。

(Aさん)

 

===

自分を指名します。

理由はシンプルで、和もみしてくれるから。通うほどに筋肉が硬くなっていくのは困ります。

(Mさん)

 

===

指名したいなと思いました。

和もみを学んでいて、身体がよくなるためにできることは?という想いがあることを知っているからです。

(Yさん)

 

===

 

 

ちなみに、ご紹介したこの3人は、まだセラピストになって1~2年です。

 

みんな、自分がやっていることに、少しずつ自信が持てるようになって、楽しそうにお仕事をされているようです。

 

もちろん、凹むこともたくさんようですが、めげずに頑張っています!

 

根っこを整えて、幹の育て方が、分かっているからなのですね。

 

自分を指名したい!そう言えるということは、順調に育っている証拠です。

 

 

 

最近つくづく、経験年数は関係ないと感じます。

 

独立するには、何年くらいの経験が必要ですか?と聞かれますが、、長ければ良いとも言えないです。

 

これについて書いたら長くなるので、また次回にしますね^^

 

 

しつこく書いていますが、枝葉のことばかり意識が向いていませんか?

 

根っこがなかったら、幹の育て方が分かってなかったら、長く続けられないですよ。

 

だから、和もみでは手技ではなく、考え方を伝えているのです。

 

セラピストを続けるために、皆でそれぞれの木を大きく育てていきましょう!もっと楽しくなりますよ~^^

 

 

 

セラピストを長く続けていきたい!お客様にとって本当に良いことをしたい!

和もみの講座には、そんなセラピストさんにお越しいただけたら嬉しいです^^

 

・和もみの基礎を、グループで学びたい方はこちら

https://ameblo.jp/aromare-koe/entry-12441069649.html

 

ACCESS

地図アプリで開く

ご予約・お問い合わせ
TOPへ
戻る