Blog

ブログ

2019.8.28施術が時間内に終わらない!そんな場合は・・

先週は、セラピストさんのランチ交流会を開催しました。

ランチ会に参加してくださった皆さま、おかげさまで楽しい時間になりました!ありがとうございました!

 

 

ランチ会の様子はこちらにアップしています。

https://ameblo.jp/aromare-koe/entry-12510245413.html

 

先週からお願いしています、アンケートに現在83名の方から回答をいただいています!

 

いただいたアンケートは、アロマの協会や、サロン経営者に届けたいと考えています。

 

一人の意見では、相手にされないことも、皆さんの意見が集まれば必ず変わります!

 

その場しのぎにしかならない、強もみをしなくても、正当な評価がされるようにリラクゼーション業界を変えていきませんか?

 

・【お願い】アンケートにご協力をお願いします!

https://ameblo.jp/aromare-koe/entry-12506312060.html

 

今日のブログのテーマは、

 

『施術が時間内に終わらない!そんな場合は・・』

 

同じようなご相談が複数の方からあったので、こちらでもシェアしますね。

 

ヒントにしていただけたら嬉しいです。

 

===

 

まりさん。こんばんは!ご無沙汰してます。

 

YouTubeはほぼ見ています!

 

いつもありがとうございます!

 

相手が受けいれてくれるのを待って圧を入れる…これが大事ですね

 

私も質問してもいいですか?

 

指でコリを感じたいから気持ちを集中するためにうっすら目をつむって施術しています!

(もちろんお客さんの動きにも目をむけながらです…)

 

先輩に、まわりの人の動きや施術を見た方がいいよ!と言われます。

 

私もまわりの人の施術を見るのも勉強になるので見たいのですが、そうすると気が散って施術に集中できないのです。

 

まだまだ未熟ですかね~

 

ベテランになると、まわりを見る余裕が出来るのでしょうか?

 

それとも、まわりの人を見る余裕を持つくらい気楽にやればいい施術ができるのでしょうか?

 

…相変わらず60分が時間が短くて…また時間オーバーしてたでしょ…(`o´)って指摘されてます。

 

もし良かったらゆっくりで構わないのでお返事下さい!

 

よろしくお願いします^^

 

Mさんより

 

===

 

Mさん、頑張っていますね^^

 

受け入れてもらえているかどうか?に意識を向けることはとても大事です。

 

ご質問についてお答えしますね。

 

>私もまわりの人の施術を見るのも勉強になるので見たいのですが、そうすると気が散って施術に集中できないのです。

>ベテランになると、まわりを見る余裕が出来るのでしょうか?

>それとも、まわりの人を見る余裕を持つくらい気楽にやればいい施術ができるのでしょうか?

 

これは、集中の仕方の違いです。

 

集中には、一点集中と、雑音がある中でも自分をコントロールできる集中の2種類あります。

 

一点集中の方が良いように思われるかもしれませんが、施術をする場合は、後者の方が良い施術ができます。

 

和もみで大事な、「受け入れてもらう」にも、お客様や周りの状況が感じられていないとできないからです。

 

だから、時間オーバーになってしまうのです。

 

>…相変わらず60分が時間が短くて…また時間オーバーしてたでしょ…(`o´)って指摘されてます。

 

お客様のことを考えたら、時間オーバーはできないハズなのです。

 

もっと、お客様の立場になって考えてみてくださいね。

 

時間オーバーしない方法や、集中をコントロールする方法とか、そのやり方を知ったら実践するのは難しくありません。

 

いただいた時間をオーバーすることは、あり得なくなります。

(ちなみに、どんなに時間に余裕があっても、勝手に時間延長はしない方がいいですよ)

 

講座でもお伝えすると「なるほど!そうすればいいんですね!!」と、すぐに理解されます。

 

悩んでいることの方がおかしいことが分かると思います^^

 

ただ、どんな対応をするにしても忘れてはいけないことがあります。

 

どうしてそうするのか?という考え方と、どうお客様と向き合うのか?というあり方です。

 

この仕事って、正解があるようでないですよね。

 

教えてもらったのに上手く出来ない。本当はこうしたいのになかなか出来ない。そう悩んでいたら、考え方とあり方から見直してみてください。

 

試行錯誤しながら自分で見直ししていくのもいいですが、私のことも上手く使ってくださいね^^

 

時々勘違いをされるのですが、和もみでは、手技だけを見直ししているのではありませんよ。

 

本当に大事な、考え方とあり方を伝えているのです。

 

だから、土台がしっかりとしたセラピストになって、お客様に喜ばれながら長く続けられるのです。

 

ACCESS

地図アプリで開く

ご予約・お問い合わせ
TOPへ
戻る